お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」 月別: 2013年7月

【リハビリ室】ハワイ島

2013年7月30日

私事ですが、先日休暇を頂きまして
ハワイ島に行きました。

人生2度目、20年ぶりのハワイ島です。

私が幼かったので殆んどその記憶はないのですが、
幼かった日の記憶を思い出す意味でも、
以前一度泊まらせて頂いたホテルに宿泊することに
決めました。

さあ、いざ出発!

英語は中学校1年生レベルですが、
ジェスチャーで何とかなるはず。

現地について、早速ホテルの中を散策。
そこで幼い日に乗った記憶のあるカヌーに乗りました。

なんと、そこで
おそらく20年前に出会ったカメ?(と信じたい)
に出会いました。

そしてハワイ島一周ツアーに参加させて頂き、
現地の黒砂海岸に行かせて頂きました。

この写真は雨がふった後ではありません。
元々黒い砂の海岸だそうです。

なんとそこでもカメに遭遇。
カメに縁のある旅でした。

現地の方は優しい方ばかりで、
英語が話せなくてもどうにか
ジェスチャーで読み取って頂きました。

幼い日の記憶を辿りながら、最後はサンセットを楽しみ、
充実した日々を送りました。

【ドック健診センター】こんにちは!調布東山病院ドック健診センターです。

2013年7月27日

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

ただいま、ドック健診センターでは、
脳ドックキャンペーンを開催しております!

こちらは、通常の人間ドックのコースに
脳ドックの検査項目である【MRI検査】と【頸動脈エコー検査】が
セットになったもので、通常料金84,000円のところ、
期間限定で60,000円でお受け頂けるキャンペーンと
なっております。

8月31日まで開催しておりますので、
この機会に是非ご利用ください。

皆様のご来院を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

【5階病棟】みなさん、いかがお過ごしですか??

2013年7月26日

毎日ムシムシして、スッキリしませんね。

でも冷た~いビールがおいしくなり、
楽しいイベントが多い夏が待っているので、
負けずに頑張りましょう~(^_-)-☆

さて、今年の春から、新入職員看護師が
5階、6階病棟合わせて6人入職されました~(^^)/

看護学生からストレートで入職したスタッフもいて、
平均年齢もグッと若くなりました♪

若いパワーが加わり、病棟の雰囲気も
更に賑やかに活気が出たように感じます★★

そこで!!新入職員看護師を代表として、
5階6階それぞれにインタビューをしました。

新人職員たちは「新人集合研修」として
看護部以外の他部署を見学し、
病院内でどのような部署があり、
それぞれの役割、連携があるのかを学びました。

OPE室、内視鏡室、透析室、リハビリ室での
スタッフの働きっぷりを見学して回りましたが、
他部署をじっくり見学できることは中々ないと思います。

今回、他部署の役割を理解するための研修は
当院でも初めての試みであり、
良い経験となり、今後の仕事へ活かしてくれることを
すご~~~~く期待しています(。・ω・。)

では、研修が終わっての感想です★

<6階病棟  Mさん>
他部署での研修をすることで、新しい知識を得られ、
多くの方々の考えを聞く良い機会になりました。
病院全体で協力しながら、連帯をとることの大切さを感じました。

<5階病棟 Nさん>
様々な研修に参加させていただき、病棟看護師以外にも
リハビリ室や透析室など、病院全体で行っている看護について
学ぶことが出来ました。
OPE室や内視鏡室、透析などで普段患者様がどのような看護を
受けているか、実際見学できるのはとても貴重な体験だったと
思います。
この経験を活かし、患者様が安全で安楽な入院生活が送れるよう
努めて行きたいと思います。

<5階病棟 Kさん>
研修を通して他職種との連携の重要さを実際に感じた。
私たちは病棟で患者さんの状態をより理解をし、
他職種と情報を共有しあって様々な視点でみた、
個別的な看護を提供できるのだと思った。
4月から看護師として働くことができ、不安な事もたくさんあるが、
研修を行うことで、さらに看護の大切さを学び、
深めることが出来たと思う。
この学びを実際に活かしていけるように
少しずつ自分なりの看護というものを見つけていきたい。

<資料作りをした指導者からも一言>
あまりにも資料が多すぎて嫌になっちゃうかな?
どんな表現をすれば分かりやすいのか…など、悩みに悩んで
資料作りをしたので、本当に大変でした(^◇^;)
でも、MさんやNさんの感想を聞いてすご~く嬉しく思います☆

【栄養科】すもも祭り

2013年7月24日

大國魂神社へお詣りしました。

7月20日は、大國魂神社のすもも祭りでした。
私が子供の頃は、もも市と呼んでいました。

この日だけ、境内で「からす団扇」が売られます。

縁起によれば…

-************************-

神代の昔、御歳神様が虫害や、災難を除く方法をいろいろ
教えられたうちに「からす扇を以って、扇げ」と教えられた
故事に基づいて、当神社は、からす団扇と扇子を奉製して
毎年七月二十日に、これを頒布いたして居ります。

    東京都府中市 武蔵総社 大國魂神社

-************************-

そんなわけで、多摩地方地元民の多くの家の玄関には、
このからす団扇があります。

ところで、すもも屋さんは大体8時頃から出るのですが、
2軒位はいつも開門前から準備しているので、
その内の1軒に寄りました。

お店によって違う種類のももを置いていて、楽しいんです。

もも市の方は7月20日以降も開いているみたいです。
もも屋さんと色々話をし、写真も撮らせて貰いました。

喋っていたら、つい地元の言葉遣いになっていた
多摩人の私でした。

お店の前でももを眺めていたら名前を呼ばれ、
振り向くと、買ったばかりのからす団扇を手に、
坊やを乗せた自転車をひく某看護師さんが
ご主人とともに立っていました。

そんなこんなで、買ったすももはこの2種類です。

「すもも祭り」なので、本来はすももを買うところですが、
敢えて昔ながらのすももではないものにしました。

手前の、緑の皮で中が赤い「ソルダム」は、
通称「スイカもも」。
これは子供の頃、実家に木があったので懐かしく、
見かけるといつも買ってしまいます。

皮が透けて中の赤が見えるようになって、
少しぷよぷよ感が出てきたら、食べ頃です。
でもそのままもう一日置くと…もうダメ。
デロデロになって不味くなります。

奥の大きいのは、本日もも屋さんの一押し、
「貴陽」です。

すももでありながら、この大きさ。
これも赤みを増してやや軟らかくなったころが
食べ頃です。

明日の仕上がり(?)を楽しみに、
ももを前かごに入れ、からす団扇を持って
自転車で帰りました。

<追伸>
もものうんちく:

ももには、すもも(李)ともも(桃)があります。

大國魂神社のは「すもも」祭りですが、
ももを売るお店も出ています。

そこで、早口言葉:
「すもももももももものうち」→「李も、桃も、ももの内」

おそまつm(__)m

【喜多見東山クリニック】私の育った故郷

2013年7月23日

今回は18年間過ごした私の故郷、
松本市梓川(旧南安曇郡梓川村)を紹介します。

松本市は上高地や乗鞍・白馬に観光で訪れる人、
また登山をする人の中心地に位置し、
緑と自然に恵まれた環境です。

それでも思い浮かばない人は、
以前テレビで放映された「白線流し」を思い出してください。

梓川探訪

アルクマ(長野県の観光PRキャラクターです)

梓川は、2005年(平成17年)4月1日に松本市に編入し、
同日梓川村は廃止されました。

その後の梓川は、画期的に変貌しています。

美術館・博物館を併設した梓川アカデミア館は、
赤レンガに山紫水明の地、梓川を代表する陶壁画の映える館で、
歴史と文化遺産を今に伝える資料展示室を備えています。

また、地域住民の方の絵画・音楽などの各種発表の場として、
ギャラリースペースを設けています。

国の重要文化財に指定されている、
鎌倉・室町の歴史的施設なども多く残されています。

松本市を訪れる方には、松本城だけでなく、
是非梓川の地を散策してみることをお勧めします。

梓川アカデミア館(外観)

【リハビリ室】生長

2013年7月8日

GWに植えたゴーヤは、
窓の半分を覆う高さになりました。

雨の日の写真ですが、
雨に濡れた葉もいいものです。

 

そしてこのとおり…最初の実がなりました(^o^)/

リハ室のお隣は外来透析室です。

透析通院される患者さんやご家族が、
日々大きくなる実を前に楽しそうにお話しする姿を
よく見かけるようになりました。

一緒に生長を喜んでくれる方がいると、
お世話にも張り合いが出るというものです!

梅雨を経て、ますます生長盛んになっていく予感です。

 

透析センター

2013年7月6日

梅雨明けは、もうすぐでしょうか?
夏休みが待ち遠しいですね!

今回は3Fフロアにある透析センターからです。

雨にも負けず、風にも負けず、
夏の暑さにも、冬の寒さにも、雪にも負けず、
地震があっても頑張っている透析室です。

そのような中でも、ご自分のやりたいことを見つけて
頑張っておられる患者様の多いこと!

そのような患者様を診ていると、
私たちも頑張らなければと思います。

新人の頃、
「あの人に会えるとか、何か小さくてもいいので
楽しみを見つけると、仕事に来るのが楽しくなるよ」
と医師に言われたことがありました。

まさにその通り!
気持ちの持ちようで気分は変わります。

鬱陶しいと思うと雨が嫌になりますが、
最近は、レインシューズもカラフルでお洒落になり
履くのが楽しみなはず!

紫陽花も雨で元気に生き生きとして
私たちを楽しませてくれます。

皆様も小さな喜びを見つけて
プラス思考で日々を楽しみましょう!

キラー細胞が増えて
私たちを元気にしてくれますよ!