お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」 月別: 2014年10月

【事務部】インド紀行第2弾 -ラジャスターンへー

2014年10月21日

(第1弾はこちらから)

前回はシーク教の本山の町をお伝えしましたが、
今回お伝えするのはブンディという町です。

ブンディはラジャスターン地方の
典型的な城下町で、とても規模が小さく、
あまり観光客擦れしていないところが
旅先に選んだ理由でした。

アムリトサルからムンバイ行の夜行列車で
翌日の昼過ぎ、コタという町に途中下車し、
そこからバスで1時間ほど行った街が
ブンディです。

コタの駅からバス停まではかなり距離があり、
オートリクシャー(軽三輪車、タイでいう
トゥクトゥク)かタクシーで行く必要が
あるのですが、偶々同じ列車の同じコーチだった
インド人の原発技術者の方のハイヤーに
同乗させて頂きました。

インドでは、観光地や都会では
何度も騙されたりしますが、
一般のインドの人々には、旅行していると
本当に親切にされることもあります。

インド人というのは、困っている人を
放っておけない人種なのです。

宿に着いてからの夜の食事はナワルサガルパレスという、
マハラジャの宮殿を改造したレストランで取りました。

そこは湖のほとりにある素敵な場所でした。
写真を撮り忘れたので、公式ページへのリンクを
貼っておきます。


Nawal Sagar Palace
 ※クリックすると公式ページ(英文)に移動します。

偶然にもブンディはお祭りの最中で、
夜中に町中に轟音が鳴り響き、
とてもインドらしい活気を
経験することができました。

これぞインド、
まさにインド人の生きるパワーを
凝縮したような装いです。

動画であげましたので、音声に注意して
再生してみてください。

 動画1 bundifes1

 動画2 bundifes2

  (※クリックすると映像が流れます)

とてもパワフルですよね。インドの伝統を感じます。

さて、ブンディの街ではあまり観光せず、
このブンディで一番、いや世界でも
ブンディといえばこの人という案内人、
クッキーさんにブンディの郊外を
案内してもらいました。

彼のことは旅行サイト「Trip adviser」や
英語版旅行本「Lonely Planet」にも書かれていて、
まさかこんな有名人のガイドさんを独占できるとは
思いませんでした。

ほぼまる1日、
彼にブンディ郊外を案内してもらいました。

彼は行く先々で住民から声がかけられる人気者。

彼に連れて行ってもらったところはリアルなインドであり、
また目の前で見たことは信じられないような事ばかり。

私の趣向に合わせて古いヒンドゥー寺院に
連れていってもらったり、
巫女さんに会わせてくれたりしました。

 

この巫女さんは、人を惹き付ける
とても魅力のある方でした。

究極は、有史以前の古代の壁画を
見に連れて行ってくれたことです。

この壁画で、動物の前で人間が
大きく手を上げていますね。

これはトラのような猛獣に遭遇した時には、
この壁画のようになるべく自分を大きく見せて
猛獣を威嚇するようにしなさい、
という意味だそうです。

こういった壁画には
教育的な意味合いがあったようです。

クッキーさんのお陰で、一生の思い出になるような
ブンディの旅行ができました。

さてその後は、去年世界遺産に登録された
チットールガルという城塞遺跡に行きました。

この続きは次回ご紹介したいと思います。
ご覧いただきありがとうございました。

地震防災訓練を実施しました

2014年10月15日

本日は10月5日(日)に当院で行った
地震防災訓練についてご報告します。

朝9時30分から病院とクリニックの職員が集まり、
総勢200名以上で大地震の発生を想定した
訓練を行いました。

この日はあいにくの雨でしたが、それに負けない熱気。

始まる前は談笑していた職員が
いざ訓練が始まると目つきが変わり、
負傷者の対応や搬送を行っていました。

反省点もありましたが、参加した職員からは
「実際に動いてイメージがわいた」
「ここはこう動くべきだ」など、
前向きな意見を多数いただきました。

これからも、災害時に地域の医療を守るため
備えて行くよう、頑張ります。

第4回ズンバゴールド教室開催

2014年10月9日

当院で踊るのは今回が最後。
ですが、悲しい雰囲気には一切ならず・・・
村田先生、岩城先生のリードで
いつものとおり元気いっぱい!!!!!
きたみん」も参加してくれました。
参加してくださった皆さま。
今までありがとうございました。
これからも新たにメンバーが増えて行くと思います。
どうか継続していただき、
健康を保っていただけましたら幸いです。
私たち地域医療連携室職員は、1階の事務所におりますので、
今後もズンバゴールドのお話を聞かせてくださいね!!
次回は、11月7日(金)14:00~15:00に
「調布市文化会館 たづくり」で開催いたします。
詳しくは地域医療連携室までお気軽にお電話ください。
調布東山病院 地域医療連携室(直通)
042-481-5044
(9:00~16:30、日曜・祝日を除く)
村田先生、岩城先生、
今回も素敵なレッスンをありがとうございました!!

【リハビリ室】夏から秋へ

2014年10月7日

リハックマの夏バージョンを載せていませんでした。
遅ればせながらお見せします!

 ※前回記事はこちら(クリックで開きます)

頭には麦わら帽子。ゴーヤをバックに涼しげです。

さて、あっという間に10月。
今年も残り少なくなってしまいました。

10月といえば、そう、ハロウィーンですね。
プレートに隠れて見づらいですが、
かぼちゃのパンツをはいていますよ!

リハックマの後ろの鉢はプリンセチア

今年もクリスマスに向けて、
遮光(ダンボールで夜を長くすること)を始めました。

今年もまたピンクに色づくことを期待して。

秋の夜長、みなさんは何をして過ごしますか?