お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」 月別: 2017年2月

第4回職員総会

2017年2月27日

毎年2月の最終日曜日に
「職員総会」を開催するようになって、
早いもので今回で4回目となります。

参加者は年々増え、今年は250名もの職員が
一堂に集まりました。

今期1年を皆で振り返るとともに、
次年度の方向性を共有しました。


当法人公認キャラクター“きたみん”がお出迎え

今年度、当法人の職員が「全日本病院協会」の
学会で発表したのですが、職員総会ではその内容を
再度披露しました。

そして看護部からの活動報告もありました。

その素晴らしい刺激を受けて、
次年度に学会発表をする部門やスタッフが増えるかと
期待が高まります。

また毎年行っている『職員満足度調査』の結果報告と、
2016年度の表彰が行われました。


 最後に全員で記念撮影

ところで、当法人のホームページが
リニューアルしていることにお気づきでしょうか。

本日、5年ぶりにリニューアルいたしました!

必要十分な情報を、温かなイメージでお届けできるように
作りました。
今回はスマートフォンにも対応しています。

今後も情報の追加や更新を随時行っていきますので、
是非ご活用ください。

第10回調布薬薬連携

2017年2月23日

地域の薬剤師の方々をお招きして
定期的に開催している「調布薬薬連携」。

一緒に学んだり議論したりしながら、
交流を持っています。

これまでのテーマは、
在宅医療、消化器疾患、嚥下、等々
多岐にわたります。

地域の薬局の皆さまとの連携を目指し、
意見交換に徹した回もありました。

第10回は2月18日(土)の18:30よりスタート。
テーマは以下の2つです。

1)新型インフルエンザに対する
  BCP(事業継続計画)の当院の取り組み

2)災害対策

インフルエンザについては、
当院の検査技師が話をさせていただきました。

災害対策は毎回テーマの1つとしており、
提案や検討を繰り返しております。

皆さまに良い医療を提供できるように、
薬剤師も地域の薬局の皆さま方と連携しながら、
日々努力していきたいと思います。

きょうの健康

2017年2月20日

日本放送協会(NHK)の健康情報番組に
「きょうの健康」があります。

1967年4月3日から続いている長寿番組です。
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/

先日、当院で長年にわたり土曜日午後の
呼吸器内科外来を担当してくださっている
尾形英雄先生(複十字病院 副院長)が
こちらの番組に出演されました。

きょうの健康

2月13日~16日は“肺の病気 総力特集”で、
2月13日(月) 「結核」
2月14日(火) 「肺MAC症」
2月15日(水) 「COPD」
がテーマでした。

既に本放送は終了していますが、
翌週の午後1:35~1:50に再放送されます。

是非ご覧ください。

春一番

2017年2月17日

本日2月17日(金)午前、
関東地方で「春一番」が吹きました。

朝から気温が高く、
雲ひとつない真っ青な空に誘われて
写真部と広報課合同で
神代植物公園で梅の撮影に行ってまいりました。

写真部

写真部2

「うめ園」は神代植物公園の奥にあり、
数多くの梅の木が花を咲かせていました。
72品種、210本の梅の木が植えてあり、
素晴らしい香りが漂います。

耳を澄ますと、チーチーという愛らしい鳴き声が。
白いアイリングが特徴のメジロです。
梅の蜜を求めて花から花へ。

写真部3

少し歩くと「はなもも」の木。
この暖かさでつぼみが膨らみ始めていました。

写真部4

三寒四温を繰り返し
季節は確実に春に向かっています。

BLSシナリオ訓練

2017年2月15日

当法人では毎年、
全職員が普通救命訓練を行っています。

研修名の「BLS」とは、
asic ife upport】の略で
「一次救命処置」のことをいいます。

一次救命処置とは、急に倒れたり、意識を失った
人に対して、その場に居合わせた人が
救急隊や医師に引き継ぐまでの間に行う
応急手当のことです。

毎年前期中に動画やテキストで基礎研修を受け、
後期には訓練用の人形を用いて、
想定したシナリオに則り実技訓練を行います。

今年も2月からシナリオ訓練を開始。
職種に関係なく、全職員が時間を調整し、
業務の合間で順番に訓練をしています。

BLS訓練1

BLS訓練2

BLS訓練3

BLS訓練4

応急処置を施すことにより
救える命が倍になるそうです!

いざ、その場に居合わせたとき、
迅速かつ適切な対応ができるよう、
これからも定期的な訓練を続けていきます。

看護部特別講演「ストレスとセルフマネジメント」

2017年2月4日

1月31日の夜、外部の方をお招きして行う
看護部主催の勉強会が行われました。

今回は、駒沢女子大学人文学部心理学科の
藤城有美子先生にお越しいただき、

「ストレスとセルフマネジメントについて
       -活き活きと働くために-」

と題して、講演していただきました。

看護部特別講演1
      藤城有美子先生

2015年12月1日、厚生労働省により
「ストレスチェック制度」が施行されました。

ストレスチェック制度とは、

 ○労働者のメンタルヘルス不調の未然防止

 ○労働者自身のストレスへの気づきを促す

 ○ストレスの原因となる職場環境の改善

などの目的で、労働者のストレスの状況について
定期的に検査を実施するものです。

ストレスが全くない方は少ないと思いますが、
自分でストレスや心の状態を正確に把握できて
いるか、というと結構難しいものがあります。

また、人によってストレスの感じ方や反応には
差があって、回復の方法も異なります。

ストレスからの回復力を形成するには
いくつかの方法があるそうですが、先生からは
自分を大切にするWORKのひとつとして、
“触れること”
を教えていただきました。

看護部特別講演2

適度な温かさ、速さで触れることで
身体にも心にも良い影響を与えてくれます。

人に触れてもらうだけではなく、
自分で触れても効果があるそうです。

『1秒間に5cm』という速度が、
撫でられて最も気持ち良く感じるとか。

時々やってみようと思います。

看護部特別講演3