お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」 月別: 2018年11月

感染対策勉強会

2018年11月13日

病院では、法定で定められている研修が
いくつかあり、全職員が受講しています。

先日、そのうちの1つ、
「感染対策勉強会」が今年も行われました。

今回のテーマは「インフルエンザ」。
◆インフルエンザの種類(A型、B型、C型の三種類)
◆新型インフルエンザと通常のインフルエンザの違い
◆当院の新型インフルエンザの対応
など。

これからインフルエンザにかかる方が増えてきます。
正しい知識と理解、十分な準備をし、
急激にインフルエンザの患者さまが増えても
冷静に対応できるよう備えています。

喜多見東山クリニック 患者様勉強会

2018年11月12日

11月10日、喜多見東山クリニックで
患者様勉強会を行いました。

きたみんがお出迎え

まず医師から「フレイル予防で健康長寿」
管理栄養士から「フレイル予防の食事について」と
題してお話しいたしました。

フレイルとは、健康な状態から要介護状態になる
中間段階で、最近よく耳にするようにもなりました。

指で輪っかを作ってふくらはぎを囲い、
“囲めない” “ぴったり囲める” “すきまがある”で
簡単にチェックする「指輪っかテスト」を
皆さんでやったり、
お粥やジュースの試食も行いました。

続いて、看護師より
インフルエンザと風邪の違いなど
感染症についてお話しいたしました。

一緒に健康長寿を目指していけたらと思います。

平成30年 火災予防業務協力者 表彰式

2018年11月9日

秋の火災予防運動が始まりました(11月9日~15日)。
それにあわせて9日に、調布市グリーンホールにて
火災予防業務協力者表彰式がありました。

このたび、当院の地域連携室が
「救急業務協力者」として表彰されることになり、
式にも参加いたしました。

「調布救急医療検討会」など、
調布消防署の方たちと地域の医療機関で協力し
今後も顔が見える連携を作っていきたいと思います。

ちょうふブルーサークル運動

2018年11月8日

11月14日は2006年に国連で認定された
“世界糖尿病デー”です。

この日の前後、世界160か国以上で
糖尿病の予防や治療の啓発活動が行われます。

調布地域でも、昨年から
「ちょうふブルーサークル運動」
として活動を行っています。

本日、調布経済新聞さんのサイト
ご紹介いただきました。

いよいよ来週、11月12日(月)から
市内の施設でライトアップが始まります。
(以下は昨年当院で実施した時の様子です)

お楽しみに!

災害訓練

2018年11月2日

10月28日(日)、調布東山病院で
災害訓練を行いました。

「水曜日の午前8時45分に
 震度6弱の地震が発生」
という設定で訓練が始まりました。

被災者のトリアージを行い、
診療を行います。

エレベーターも使えないため、
階段で搬送します。
搬送訓練が生かされたでしょうか。

対策本部にも続々と
情報が集まります。

今までは職員が階段を駆け上って
伝えに来ていた情報も、
今回の訓練では、
各部門でそれぞれが状況を入力し、
本部で見えるようにしました。

停電した透析室でも、
患者さまの安全を守ります。

一日に2回の訓練を終え、
閉会となりました。

そして、反省会へと続きます。

いざという時に備え、訓練を重ね、
地域の力となるよう準備してまいります。

認知症サポーターキャラバン

2018年11月1日

65歳以上の4人に1人が認知症と
言われている現在、認知症になっても
安心して暮らせる街を目指し、
全国で『認知症サポーター』の養成講座が
行われています。

『認知症サポーター』とは認知症を正しく理解し、
認知症の人やご家族に対して温かい目で見守る、
応援する人です。

養成講座では、
 ◆認知症とは?
 ◆認知症の症状
 ◆認知症の方と接するときの心構え
などについて学びます。

現在、「認知症サポーターキャラバン」が
全国で展開されています。

10代から70代以上の方まで、
延べ1000万人以上の方々が
認知症サポーター養成講座を受講されました。

先日、当院でも認知症サポーター養成講座が開催され、
多くの職員が学びました。

認知症の方々、ご高齢の方々等、
皆さまにやさしい地域づくりの一端を担えるよう
心を尽くしたいと思います。