お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」 月別: 2020年1月

【ユマニチュード】1/31付 読売新聞 医療ルネサンスに掲載

2020年1月31日

先日取材していただいた読売新聞の
医療ルネサンスというコーナーに
記事が掲載されました。
(1月31日付朝刊、読売新聞オンラインでは会員限定で公開されています)

ご興味のある方はぜひご覧ください。

取材時の様子

第17回 調布医療連携カンファレンス

2020年1月29日

昨日1月28日、
調布医療連携カンファレンスを行いました。

この会は、
近隣の医療機関の先生方や
医療従事者の方を対象に
知識・技術の向上、情報の交換等を図り、
地域医療に貢献すること及び
学術交流を目的に
年2回開催しています。

17回目となる今回は、
東京逓信病院の椎尾 康先生に
「パーキンソン病とパーキンソン症候群
   〜神経変性疾患の時代〜」
というタイトルでご講演いただきました。

今回の講師 椎尾先生

代表的な神経変性疾患である
パーキンソン病と
パーキンソン病と似て非なる疾患
(パーキンソン症候群)。

超高齢化社会の中で
神経変性疾患の患者数は増えており、
参加された先生方も熱心に質問をされ、
活発な会となりました。

当院院長からも質問

本会座長の中村医師

会場の様子

最後には、新しく12月に入った医師も
紹介させていただきました。
よろしくお願いいたします。

※ 消化器内科の医師「平山」が二人となりました。

次回の日程等は決まり次第、
ホームページや広報誌などでご案内いたします。
ご参加をお待ちしております。

医療安全医薬品&個人情報 合同勉強会

2020年1月27日

職員必須の勉強会、
今回は「医薬品」と「個人情報」についての
合同勉強会を行いました。

参加確認はIDカードで

医薬品部門は“医療用麻薬について”。
鎮痛薬で使われる医療用麻薬の
副作用や対策、その取り扱いなどについて、
薬剤科からの講義と動画で学びました。

個人情報のテーマは
“個人情報保護法等による
医療機関の義務と東山会の対応”です。

医療機関における「個人情報」の範囲、
安全管理として行う規程や組織体制、
物理的・技術的措置のこと、
あるいは開示の対応などを学びました。

個人情報保護法は3年ごとに見直しが図られます。
2020年はその年にあたるため、
注視していきます。

新入職医師自己紹介 平山雄一医師(消化器内科)

2020年1月7日

天気がいい日は病院の窓から
きれいに富士山がみえます。

10年前は富士山の麓(ふもと)
山梨県の病院で働いており、
久しぶりに病院の窓からみる
富士山をとても懐かしく感じました。

大学で消化器内科の医局に入局し、
以降消化器全般の診療を
おこなってきました。

山梨から異動するとき
消化器の中でも
肝臓を中心とした診療を
していくこととなり、
以降ウイルス性肝炎や
肝細胞癌の患者さんの診療を
担当してきました。

今後は消化器疾患の診療において
内視鏡検査の重要性が
増してくることもあり、
内視鏡診療に対する造詣を
一層深めるため
調布東山病院へ赴任してまいりました。

最近の趣味はサッカー Jリーグ観戦です。
仕事のため平日のゲームで
スタジアムに足を運ぶことはできませんが、
昨年は日曜日開催の試合を選んで
神戸まで観戦に行くこともできました。

スタジアムではゴールが決まっても
距離がありよくみえないことが多いので、
結局毎回家に帰ってテレビで
復習することになります。

やっぱり家でテレビ観戦するのが
一番だなと思いながら、
つい次はいつ観戦にいけるかなと
考えてしまいます。

消化器には食道、胃、大腸といった
消化管、肝臓、胆のう、膵臓など
様々な個性をもった臓器が含まれ、
病気の症状や経過も様々です。

消化器内科として皆さんのサポーターとなり、
少しでも患者さんの不安をへらせるよう
分かりやすい診療を目指しています。
何かありましたらお気軽にご相談ください。

あけましておめでとうございます

2020年1月4日

本日から、今年の外来診療開始です。
あわせてお昼過ぎに職員が一堂に会し、
年始立礼をしました。

理事長や院長が挨拶をし、
良い1年になりますよう
願いをこめて乾杯をしています。

理事長から発表された
今年の漢字は
「傍」

  日常の小さな気づき。
  その人の傍にいて、
  その人を理解しようとする。
  この毎日の積み重ねを
  大切にする1年とする。

との思いが込められています。

今年の漢字の発表

院長からのご挨拶

本年もよろしくお願い申し上げます。