お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」 月: 2020年11月

植栽ラウンドをはじめました

2020年11月28日

紅葉が美しい季節になりました。

病院周りを自分たちできれいにするべく、
また、季節により様々な花で
目を楽しませてくれる植栽のチェックも合わせ、
毎月ラウンドをすることにしました。

同じ木でも、場所によって育ちが違ったり、
悲しいことに踏まれているところがあったり、
ゴミが落ちていたり。

15分間のラウンドで、
かなり多くのゴミを拾いました。

美しい落ち葉の絨毯も楽しみつつ、
良きリフレッシュとなりました。

ちょうふブルーサークル運動、駆け抜けました

2020年11月17日

これまでと違う形での開催となった、
ちょうふブルーサークル運動。
でも、だからこそ、たくさんの方の温かい思いを
知ることができた第4回の活動でした。

世界糖尿病デーのシンボルカラー「青」で施設を照らす
ブルーライトアップは、昨年より6か所も増え、22か所となりました。

ご協力いただきました関係者の皆様に、
実行委員会事務局として御礼申し上げます。

すでに、ちょうふブルーサークル運動の
ホームページで発表していますが、
こちらでも募集したロゴの入賞作品をご紹介します。

選考メンバー:
調布市医師会様
株式会社アーク・システム様
エクササイズインストラクター様
調布東山病院 糖尿病委員会
ちょうふブルーサークル運動実行委員会 事務局

最優秀賞!!

薮内里帆さん(小学校6年生)

優秀賞!

半田奏太さん(小学校4年生)

特別賞

高畑知子さん(会社員)

匿名希望さん(主婦)

小林あいさん(中学3年生)

そして、「野菜がたくさん食べられるレシピ」も最優秀賞が決定しました。

糖滅のチンゲンサイ(明治大学付属明治中学校・高等学校 有志料理研究同好会)

最優秀賞のロゴは、来年度以降のちょうふブルーサークル運動で
ポスターやグッズとして使わせていただきます。

また、レシピの詳細については、
12月発刊予定の広報誌「東山だより」でご紹介いたしますので
そちらもお楽しみに。

日本と世界の“世界糖尿病デー”イベント

2020年11月13日

明日11月14日は世界糖尿病デー。
ちょうふブルーサークル運動も佳境に入ってきました。
いよいよ明日、ご応募いただいたロゴ作品やレシピの賞発表です。

さて、この世界糖尿病デー、
日本各地、そして世界各地がどんな取り組みをしているかを
見ることができます。
ちょうふブルーサークル運動ももちろん入っています。

よろしければ少しのぞいてみてください。

日本各地のイベント:https://www.wddj.jp/event/

世界各地のイベント:https://worlddiabetesday.org/activities/

調布FM出演しました

2020年11月11日

11月10日、調布FMさんがちょうふブルーサークル運動の
取材に来てくださいました。

午後のカフェテラスという番組のコーナー
「街角レポート」です。
生放送という緊張感の中
当院の糖尿病・内分泌内科の熊谷医師と
当運動実行委員会の事務局担当の二人で
今年のブルーライトアップや取り組みを
お話しさせていただきました。

放送内容は、こちらからお聞きいただけます。

ありがとうございました〜

今年は、ブルーライトアップの施設が増えています。
目にする機会が増えたでしょうか。

糖尿病のこと、生活習慣病のことを
少し考える機会にしていただけたらと思います。

ブルーライトアップはじまりました

2020年11月10日

昨日より世界糖尿病デーのシンボルカラーである
青い照明で建物や施設を照らす
“ブルーライトアップ”がはじまりました。
実施予定施設は
調布東山病院やトリエC館(シアタス調布)、
深大寺、味の素スタジアムなど
全22箇所で行われます。
(※実施日、時間は施設ごとに異なります。)

調布東山病院とトリエC館

味の素スタジアム

駅前シンボルツリー

調布の街を歩いていて、ブルーの光を見つけたら
少しの時間だけでも「糖尿病」について
考えてみてください。