お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ ブログのカテゴリ: 92.きたみん

Dr.くまがいにつづけ!生活習慣病を学んで、こどもDr.になろう!

2018年7月26日

小学校が終業式を迎えた7月20日。
今年も「Dr.くまがいにつづけ! 
生活習慣病を学んで、こどもDr.になろう!」と
題して、ヘルスアップ教室を開催しました。

主催は調布市健康推進課さん。
演者は、当院糖尿病・内分泌内科の熊谷真義医師です。

厳しい暑さの中、10組の親子が参加してくださいました。

きたみんがお出迎え

まずは熊谷先生から生活習慣病について
お話がありました。
ときどき手を挙げて答えてもらいながら
学んでいきます。

Dr.くまがい!

体を動かしながらも学びます。
あめ玉1個分のカロリーを消費するのに
どれくらい運動しないといけないのか、
じゃあ、このおやつだと・・・?

なわとびを使って、試します。
その大変さが身をもって
感じられる時間となります。

続いては栄養についてです。
大人も子どもも、そして調布市の職員さんも混ざって、
フルーツバスケットをアレンジしたゲームで
3つにグループ分けされた栄養素をそろえます。

大人も子供も走る!

体を使ったゲームをしていると
あっという間に時間が過ぎます。
そうしていると…事件が発生!

先生!事件です!

事件現場!大事なケーキが食べられた!

事件現場に残された手がかりをもとに、
謎解きを託された子どもたちが、犯人を探します。
そのなかで糖尿病の特徴などについても学びます。

ちょっと戸惑いながらも、
容疑者役の大人たちに
聞き込みをする子どもたち。
いろんな情報から導き出された犯人は?

結末は、参加した方のみぞ知る。

犯人が分かったところで、
最後にこども医師免許証授与式。
受け取ってうれしそうに
親御さんのところへ戻る姿は
見ているほうもうれしくなります。

調布市健康推進課さんからは、
メタボ対策に、メジャーとしても使える
トイレットペーパーが
記念品として渡されました。

子どものころから楽しく生活習慣病について学び、
自分と家族の健康を守っていってほしいと願っています。

96歳のお誕生日に

2018年6月18日

先日、入院なさっている透析患者さまの
お誕生日でした。なんと96歳です。

きたみんがお祝いに駆け付け、握手。

担当の先生や看護師さんからも
「おめでとうございます!」
と声を掛けられ、患者さまは嬉しそう。

皆で記念写真を撮り、お部屋にお戻りに
なりました。

早く退院できますように。

ご当地キャラクター大運動会

2018年5月15日

4月22日、千葉こどもの国で
ご当地キャラクター大運動会が開催され、
当院認定キャラクター「きたみん」も
参加いたしました。

天気は最高。夏のように暑い1日でした。
暑い中、キャラクターもがんばりましたが、
参加している地域の方々も
本気での参加となり大盛況でした。
参加した大人も子供も
笑顔でいっぱいの時間を過ごせました。

ナラシド♪と一緒に。

次のきたみん活動は、6月2日。
七生福祉センターで行われる
「ちょこっと運動会」に参加します。

第5回職員総会

2018年3月1日

平昌オリンピック最終日、
また東京マラソンで沸いた
2月最終日曜日、東山会では
恒例の「職員総会」を開催しました。

早いもので今回で5回目。

参加者は年々増え、
今年はなんと300名近い職員が
集いました。

きたみんがお出迎え

当法人の公認キャラクター、広報担当の
“きたみん”による出迎えから始まり、
以下のプログラムで進行します。

1.2017年度振り返り
2.2018年度 東山会方針
3.同 調布東山病院方針
4.同 桜ヶ丘東山クリニック方針
5.同 部門方針
6.職員満足度調査と2018年度予算
7.全日本病院学会 発表報告
8.重点施策の報告
9.気づきの共有と発表
10.2017年度 表彰

今期1年を皆で振り返るとともに、
次年度の方向性を共有しました。

参加した職員からは、

・他部署の取り組みや活動を知ることができた
・知らないイベントや勉強会があって驚いた
・様々なイベントで地域に関わり、地域の人々と
 つながっていこうという姿勢がわかった
・自分たちも患者さんと真摯に向き合って
 頑張ろうと思った
・皆の熱い思いが伝わった
・勉強は大変だけれど、自身の成長と、
 質の向上につながるのなら今後も継続
 したいと感じた
・いろいろな面が数値化されているおかげで
 現実を知ることができた

といった多くの意見や感想が出され、
感動や笑顔で盛り上がった4時間でした。

途中ではヨガも

皆、職員総会で受けた刺激を胸に
気持ち新たに、帰路につきました。

全員で記念写真

きたみん年賀状

2018年1月5日

元日の朝、
起きてすぐにポストに向かう方は
多いと思います。

わたしたち東山会の公認ゆるキャラ、
広報担当の“きたみん”もそうです。

今年もたくさんの年賀状をいただきました!
ありがとうございます。

皆さまに愛され、
応援していただいていることに
心から感謝いたします。

2018年も“きたみん”は、
院内外の様々なイベントに
顔を出したいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

きたみん、空を飛ぶ

2017年12月26日

クリスマスも終わり、今年ももう少しですね。
みなさん、どんな1年でしたか?

きたみんは今年、生まれてはじめて
熱気球を体験!
あこがれの大空に浮かぶことができました。

場所は2度目の参加となる
「世界キャラクターさみっとin羽生」。

昨年はSLに乗ったので、
今年は熱気球に挑戦したいと思っていました。

昨年はSLに乗りました!

ちょっと窮屈でしたが、
スタッフのみなさんに押し込んでもらい、
無事に乗れました。ありがとうございました。

なんとか乗れました

飛んだ!

「楽しかったくゎ~!!!」

きたみんは、来年もみなさまに
元気をお届けします。

よいお年を!

忘年会2017

2017年12月13日

毎年12月の第2土曜の夜、
当法人の忘年会が行われます。

今年も先日行われましたが、
職員とその家族を合わせると
250名を超える参加者の数!

子供たちが舞台の上を走り回るのも
恒例です。

会場の入口では、東山会公認ゆるキャラ、
広報担当の“きたみん”がお出迎え。

理事長の挨拶と乾杯で忘年会がスタート。

美味しいお料理をいただきながら
おしゃべりや余興を楽しんでいるうちに
恒例の抽選会になります。

当選者の名前が呼ばれる度に大歓声と拍手の嵐。

あっという間にお開きの時間。
院長から締めの挨拶があり、
事務長による三本締め東山バージョンで
解散となります。

まだまだ楽しい時間を味わっていたくて
殆どの職員がなかなか帰ろうとしません。

“良いお年”と言うにはまだ少し早いですが、
“お疲れさま!”を言う表情に
輝きが数段増していました。

最後に記念撮影

世界糖尿病デー関連イベント報告⑥健康相談カフェ等

2017年12月9日

今回で最後となります。
健康相談カフェのご紹介です。

当日は1階フロアが即席のカフェに
なりました。

 

普段は診察の受付カウンターですが、
この日はここで飲み物などを提供。

ただし「世界糖尿病デー」の一環なので、
糖尿病やその予防についても考えて
いただけるよう、いろいろ工夫をして
いました。

まず栄養科では、ペットボトル飲料に
含まれている砂糖の量を“実物”で展示。

実は結構な量の砂糖が入っています

これはかなり説得力があったようで、
これを見て注文時に糖分の少ないものに
変えた方もおられましたね。

診察室周りでは、この日だけのために
製作された糖尿病に関するスライドを上映。

これも医師の手作りです。

モデルも同じ医師(絵は別の職員による)

スタッフは全員目印に青いサイリウム
(お祭り等で売っている光る棒です)を
輪にして手首につけていました。

これは世界糖尿病デーのシンボルである
『ブルーサークル』にちなんでいます。

もちろんきたみんも、くちばしと足に装着。
ズンバゴールドやヨガにも参加しました。

また休憩コーナーでは(株)おいしい健康
のご協力により、レシピ提案機能を持つ
無料の食事管理アプリや、糖尿病の方向けの
レシピ紹介も行われました。

チーズケーキです

低糖質スイーツの試食も提供いただき、
言われなければ違いがわからないくらい
大変おいしいものでした。

受付で提供していたクッキーも、
当院の管理栄養士が作成したレシピをもとに、
調布市社会福祉事業団知的障害者援護施設
「すまいる」のベーカリーに製造して
いただいた「低糖質クッキー」です。

こちらも大変おいしくできていました。

今回の取り組みには、ご後援いただいた
調布市や調布市医師会、教育委員会や
市内小・中学校、ブルーライトアップを
実施していただいた施設、この他にも
多くの皆様のご協力をいただきました。

最後になりましたが、あらためて御礼を
申し上げると共に、ここでご紹介させて
いただきます。

ブルーライトアップを実施いただいた施設
⇒調布市医師会館様
 創造印刷様
 (特定医療法人研精会 山田病院様)
 特定医療法人社団青山会 青木病院様
 おぎもと内科クリニック様
 (株)東京スタジアム様
 (株)角川大映スタジオ様
 深大寺様
 調布クレストンホテル様

当院外壁のライトアップ
⇒(株)アーク・システム様

院内のライトアップ
⇒キングランメディケア(株)様

内視鏡検査体験
⇒オリンパスメディカルサイエンス販売(株)様

スタンプラリー
⇒(株)フェイスクリエイツ様

健康相談カフェ
⇒(株)おいしい健康様
 調布市社会福祉事業団知的障害者援護施設
 すまいる様

広報関連
⇒(有)くろすとーく様
 調布エフエム(株)様
 調布経済新聞様

本イベントは毎年継続していきます。
来年以降もよろしくお願いいたします。

世界糖尿病デー関連イベント報告⑤運動教室

2017年12月1日

今回は、運動教室の模様です。

当院では毎月1回、地域連携室主催で
大人向けの運動教室を行っていますが、
今回は将来糖尿病にならないよう
早くから運動習慣をつけてもらうため、
小・中学生と大人のペアを対象に
2種目を実施しました。

1つ目は「ズンバゴールド」です。

ラテン系のリズムに合わせた運動ですが、
それほど激しくはないので、楽しみながら
体を動かせます。

タオルを使った運動も

途中できたみんがやってきて、

参加します!

実は結構軽快。

そして職員も。

最後はみんなで記念撮影です。

2つ目は「ヨガ」です。

インストラクターの資格を持つ
当院職員が講師を務めます。

ヨガも大人と子供のペアで行います。

アシスタントも職員親子

これはちょっと大変そう・・・。

ヨガにも職員が参加。

こちらもきたみんと一緒に
記念撮影で終了となりました。

ぜひ今後も運動を続けてくださいね。

次回は1階で行ったカフェ等を
ご紹介します。

きたみん誕生会

2017年10月24日

当法人公認ゆるキャラ“きたみん”は
おかげさまで4歳になりました!
いつも応援をありがとうございます。

先日、お昼休みを使って
職員食堂にて誕生会を行いました。

多くの職員からお祝いの言葉をもらい、
ゴキゲンなきたみん。

いつもよりも一段と動きが軽やか、
はしゃいでいました。

職員を見つけて走って追いかけたり、
職員にマイクを向けたり。
スマホを向ける職員にポーズを取ったり。

ハロウィンが近いので、
衣装もハロウィンぽくなっています。

そしてケーキカット。

今年も調布の老舗
「亀乃子本舗」さんにお願いして、
ケーキを作っていただきました。

午後の業務に戻る職員には
きたみんからどら焼きのプレゼントがありました。

こちらも亀乃子本舗さん作。
優しい味、ふんわりした食感で大変好評です。

40分程のお誕生日会、
食堂に笑顔と歓声があふれました。

他のゆるキャラ達、またファンの方たちからも
お祝いのカードやお手紙をいただきました。
この場を借りて御礼を申し上げます

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー

最近の記事

月別の記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031