お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」

96歳のお誕生日に

2018年6月18日

先日、入院なさっている透析患者さまの
お誕生日でした。なんと96歳です。

きたみんがお祝いに駆け付け、握手。

担当の先生や看護師さんからも
「おめでとうございます!」
と声を掛けられ、患者さまは嬉しそう。

皆で記念写真を撮り、お部屋にお戻りに
なりました。

早く退院できますように。

認知症勉強会

2018年6月15日

現在、当院ではユマニチュード推進室主催で
「認知症勉強会」を行っています。
毎月1回、曜日を変えて開催され、
全職員対象、自主参加の勉強会です。

まず、人の「記憶」の仕組みについて勉強します。
図や例を使った説明で
とてもわかりやすくなっています。
この記憶する過程のどこかがうまく処理できなく
なることで、すぐに忘れてしまったり、
反応に時間がかかったりします。
それを踏まえて、パーキンソン病やアルツハイマー病の
特徴についての話が続きます。

病気や症状の特徴を理解すると、
ケアの方法も変わります。
「できない」と決めつけて
ケアする側が「やってあげている」ことが、
もしかしたらただ時間がかかっているだけで、
本当は自分でできることかもしれません。

記憶障害そのものを治すのはなかなか難しいですが、
たとえば「ご飯を食べない」といった行動も
理由を突き止めると解決できることがあります。

ユマニチュードの技術を取り入れたケアで、
患者さんの笑顔がうまれる動画も見ながら
あっという間の90分です。
職種関係なく学べる、いい機会となっています。

毎日新聞でユマニチュードが紹介されました

2018年6月13日

ユマニチュード推進室です。

6/10の毎日新聞朝刊に、
「その人らしさ 尊重するケア」として
ユマニチュードが取り上げられました。

 2018年6月10日付毎日新聞朝刊

毎日新聞のサイトでもご覧いただけます。

 毎日新聞のサイトはこちらをクリック

この紙面では、ユマニチュードに取り組んでいる
組織として、当院も取材を受けました。

「その人らしさを尊重する」という考えは、
ユマニチュード導入以前から当院の職員が
ずっと大切にしていることです。

そこにユマニチュードが加わることによって、
さらに良いケアに繋がるのではないかと考え、
組織に浸透させるべく日々取り組んでいます。

ぜひ一読いただけたらと思います。

桜ヶ丘東山クリニック調理教室

2018年6月8日

6月3日(日)に府中市市民活動センター プラッツにて
透析患者さま対象の調理教室が開催されました。

例年、調布たづくりで開催していたのですが、
桜ヶ丘東山クリニックに通院されている
患者さまにとって、より行きやすい
府中での開催となりました。

参加者15名+看護師3名・管理栄養士4名で
4班に分かれて実習開始。
今回のメニューは
きのこパスタ・ミニオムレツ・グリーンサラダ・リンゴです。

管理栄養士が透析治療を考慮して
作成したレシピをもとに
分担して、調味料を量ったり、
野菜を切ったり、ペンネをゆでたり。
「これは何に使うの?」など和気あいあいとした
雰囲気で進みました。

45分ほどで完成し、皆さんで集まって会食。
その際のミニ講義では、
野菜を切り(表面積を増やす)水にさらして
カリウムを減らす、
下味をつけずにソースなど外の味付けにすると
味をしっかり感じられるので塩分を控えられる
というような工夫についてお話がありました。

制限がある中でも、おいしく食べられる
ポイントを知り、普段の食生活に
生かしていただく機会になればと思います。

医療安全勉強会

2018年6月7日

医療機関では法で決められている研修が
いくつかあり、職員はその職種に関わらず、
全員が学ばなくてはなりません。

先日はそのうちのひとつ、
「医療安全勉強会」が行われました。

医療安全勉強会は年に2回以上の開催が
義務付けられており、出席の確認はもちろん
欠席者へのフォローも必要とされています。

 医療安全推進室が主催です

今年度前期のテーマは、次の2つです。
 ◆インシデントレポートの集計と報告
 ◆e-learning教材の紹介

e-learningで安全について学ぼう、というのは
今年からの新たな取り組みです。

皆さまに安全でご満足いただける医療のため、
日々研鑽をしております。

第94回とうざん生活習慣病教室

2018年5月29日

5月26日土曜の午後、
「とうざん生活習慣病教室」
を開催いたしました。

とうざん生活習慣病教室の全身である
成人病教室を始めたのが1998年4月、
現名誉院長の吉田医師が着任して
数ヵ月後のことです。

吉田名誉院長

「慢性疾患の患者教育は
 診察室で一人ひとりに行うより、
 集団で行ったほうが良いのでは」

ということでスタート。

2年ほどの間は糖尿病教育の勉強会として
開催していました。

その後「他の成人病も取り上げてほしい」
というご要望を受けて、現在のような形に
なっています。

これまでに取り上げたテーマは、
高血圧、心臓疾患、脳血管障害などの
糖尿病関連疾患の他、消化器系やがん、
睡眠など、多岐にわたります。

話題の病や薬など、アップトゥデートな
話題も随時取り入れながら、意欲的な編成を
心がけております。

当初は糖尿病の患者教育の一環として
始めた教室でしたが、現在は地域の皆さまの
健康教育の場として好評をいただいています。

今回は「膵臓」をテーマに、当院の外科医
山本立真医師がお話ししました。

今回の講師 山本立真医師

最近、有名人が膵臓の病気にかかったことが
話題になったこともあり、100名もの方々が
足を運んでくださいました。

そもそも、膵臓ってどこにあるの?
膵臓って何をしているの?
膵炎ってどんな病気?
膵臓がんはどんな人がかかるの?
などなど、
膵臓に関する基本的な知識から病気まで、
分かりやすい図や絵を用いて説明しました。

おかげさまで好評で、講演後には
活発な質疑応答の時間となりました。

次回は10月または11月に
「喘息」
をテーマに、アレルギーを得意とする
遠藤順治医師がお話させていただきます。

多くの方々のご参加をお待ちしております。

東山会の画伯

2018年5月24日

このブログや東山会の広報誌には、
時折素敵なイラストが掲載されています。

これは絵の得意な医事課の職員が、
季節や時期に応じて描いてくれるものです。

これまでのものをいくつかご紹介します。

暑気払い
「暑気払い」

秋の味覚
「秋の味覚」

お鍋の季節
「お鍋の季節」

最近では医師の似顔絵を描いて、
院内に貼られていたりもします。

モデルとなった医師にも好評で、
「ホームページで使ってほしい」という
希望があり、先日から掲載しました。

外科 山本医師

他にも増えたらまたご紹介します。

新入職医師紹介⑤中田高央医師(消化器内科)

2018年5月22日

東山会では4月に4名の医師が入職、
既に当ブログでも自己紹介をさせて
いただいたところですが、5月より
新たに1名の医師が加わりました。
再び自己紹介です。

2018年5月に着任しました
中田高央です。
出身は神奈川県横浜市で、2001年に
山梨医科大学を卒業後、消化器内科を中心に
臨床に従事してきました。

主な専門分野はESDをはじめとした
早期がんの内視鏡治療、
胆膵疾患に対する内視鏡治療、
炎症性疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の
内科的治療です。

趣味は登山、ボルダリングです。
冬山からロッククライミングまで
経験してきました。
なかなか時間が確保できませんが、
一生の趣味として続けていきたいと
思っています。

専門は内視鏡治療ですが、肝疾患を含め、
消化器疾患一般も拝見させていただきますので、
お声を掛けていただければ幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

ご当地キャラクター大運動会

2018年5月15日

4月22日、千葉こどもの国で
ご当地キャラクター大運動会が開催され、
当院認定キャラクター「きたみん」も
参加いたしました。

天気は最高。夏のように暑い1日でした。
暑い中、キャラクターもがんばりましたが、
参加している地域の方々も
本気での参加となり大盛況でした。
参加した大人も子供も
笑顔でいっぱいの時間を過ごせました。

ナラシド♪と一緒に。

次のきたみん活動は、6月2日。
七生福祉センターで行われる
「ちょこっと運動会」に参加します。

北多摩南部医療連携ネットワーク

2018年5月9日

北多摩南部医療連携ネットワークの会が、
2018年4月26日(木)、
調布東山病院で開催されました。
この会は、顔の見える連携に主眼を置いた
病病連携、地域完結型医療への貢献を
目指すことを目的として、
11年前に創設されました。
代表世話人は府中恵仁会病院 
医療連携部 清田 敦 氏で、
地域連携担当者が年に数回集い、
勉強会や情報交換を行っています。

北多摩南部医療連携ネットワーク
代表世話人 清田 敦 氏

今回は株式会社スズケン 岡山 氏をお招きし、
「平成30年度診療報酬改定 
  ~地域連携に関わる内容を中心に~」を
ご講演いただきました。

更に、医療連携ツール「Dr.JOY」についての
情報共有も行われました。

また本日より、代表世話人が清田敦氏から、
調布東山病院 地域連携室 課長 杉田 薫に
引き継がれることになりました。

新任代表世話人の杉田薫より、
清田代表世話人が導いてこられた
ネットワークを絶やさぬよう
誠心誠意がんばりますと挨拶がありました。

清田敦様、7年間お疲れさまでした。