お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」 アーカイブ: 病院ブログ

3月は大腸がん啓発月間

2021年3月1日

3月は、大腸がん検診の大切さを伝える啓発月間です。

日本では、部位別でみると、大腸がんにかかった人数が1位となっており、
男性の11人に1人、女性の13人に1人が診断されています。
(「がん登録・統計」「人口動態統計2018年」)

しかし、大腸がんは早期発見・早期治療で治すことができます

新型コロナウイルス感染症でご不安な中、
健診・検査を控えている方もいらっしゃると思いますが、
早期発見・早期治療のために受診を検討してみてください。

そして、もし「便潜血検査」の結果が「要精密検査」だった方は、
精密検査(大腸内視鏡検査)をご受診ください。
当院でも感染症対策をとり、行っております。

院内ポスター(クリックで拡大します)

調布東山病院の大腸内視鏡検査は、
 ○検査と治療が同時にできます
 ○小さいポリープは日帰り治療が可能です
 ○鎮静剤を使うこともできます
 ○女性医師も在籍しています

検査担当医も掲載しておりますので、
「内視鏡センターについて」もご覧ください。

■大腸がんの啓発カラー「ブルー」でのライトアップ予定
 都庁第一本庁舎ライトアップ
 2021年3月1日(月)~3日(水) 18時~20時

■日本対がん協会 大腸がん啓発月間 特設ページ
 https://www.jcancer.jp/daityogan-keihatsu

■大腸がん啓発のブルーリボンキャンペーン
 https://www.cancernet.jp/brc/

ご協力企業さまより温かいメッセージをいただきました

2021年3月1日

ご協力企業さまよりメッセージと
お菓子をいただきました。
ありがとうございます。

温かいお心遣いが励みとなります。
今後も安全・安心な医療を提供できるよう
努めてまいります。

映画のまち調布シネマフェスティバル

2021年2月22日

2月5日より
「第3回映画のまち調布シネマフェスティバル」が開催されています。

調布市内には多くの映画・映像関連企業が集まっています。
きっかけは1933年、日本映画株式会社が
“撮影にふさわしい自然環境やフィルムの現像に欠かせない
良質な地下水があったこと”により、
撮影所を現京王多摩川駅そばに作ったことだそうです。

2月20日(土)には受賞式がありました。
日本映画人気投票 上位10作品から
映画のつくり手を表彰しています。
映画・映像の現場を支える方々が集まる
調布ならではの賞ということで、
映画文化、芸術、産業の振興に寄与した
映画・映像作品及びその製作に貢献した方々が選ばれます。

技術賞(撮影、照明、録音、美術、編集)、作品賞、功労賞。
表彰されたそれぞれの作り手の話を聞くことができる貴重な時間でした。
調布市の長友市長もプレゼンターとしてご登壇。

表彰式の後は来月公開予定の「太陽は動かない」の上映と
羽住英一郎監督のトークショー。
スケールが大きく迫力ある作品ができる過程の話を
じっくり伺う貴重な時間でした。

「太陽は動かない」の羽住監督(右)

映画の技術や文化を継承し、地域が活性化することを願ってやみません。

別会場では
「ありがとう!石原プロモーション~ありがとう!石原軍団」
と題した展示会を開催。
写真や衣装の他、渡哲也さんが使用した
スナイパー等が展示されています。

温かいメッセージをいただきました

2021年2月12日

本日も応援のメッセージをいただいております。
温かいお心遣いに感謝いたします。
いただいたハガキは職員が見る
掲示板にポスターにして貼っています。

職員の励みとなっております。ありがとうございます。

温かいメッセージをいただいております

2021年2月10日

カードやメールで応援のメッセージをいただいております。
温かいお心遣いに感謝いたします。
いただいたメールやカードは職員が見る
掲示板にポスターにして貼っています。

職員の励みとなっております。ありがとうございます。

カワヅザクラ

2021年2月9日

バラ科サクラ属の桜。
カンヒザクラと他品種(オオシマザクラとする説が有力)との
自然交雑によってできたと考えられています。

1955年に伊豆半島の河津町で発見され
栽培されるようになりました。

花は一重の5弁花で直径3cmほど。
紫紅色でソメイヨシノよりも濃い色をしています。

1月下旬から2月にかけて咲き始め、
花期は1か月間と長くなっています。

写真・文/リウマチ科 山田隆医師

本日も温かいメッセージをいただきました

2021年2月4日

本日、ノートルダム修道院シスター一同さまより
メッセージをいただきました。
温かいお心遣いに感謝いたします。
いただいたメッセージは職員が見る
掲示板にポスターにして貼っています。

連日、温かいメッセージをみなさまからいただき、
励みとなっております。ありがとうございます。

調布市在住の方よりメッセージをいただきました

2021年2月3日

本日、調布市在住のパンダさまより
メッセージをいただきました。
温かいお心遣いに感謝いたします。
いただいたメッセージは職員が見る
掲示板にポスターにして貼っています。

いただいた応援をパワーに
変えていきたいと思います。

調布市民の方よりメッセージをいただきました

2021年1月27日

1月26日に調布市民の方より
メッセージをいただきました。
温かいお心遣いに感謝いたします。

いただいたメッセージは職員が見る
掲示板にポスターにして貼っています。

今後も地域の皆さまが安心して過ごせるよう、
努めてまいります。

武者小路実篤~バレンタインに~

2021年1月22日

小説家、詩人、また画家である武者小路実篤は
晩年の20年間、調布市で暮らしていたそうです。
その敷地と建物は現在、
「実篤公園」、「武者小路実篤記念館」として
公開されています。

毎年1月下旬から
「実篤チョコ」という名前で
武者小路実篤記念館オリジナルパッケージの
アソートチョコレートが販売されています。
武者小路実篤の優しくも力強い淡彩画と
柔らかい文字が和ませてくれるようで、
発売日から早々に売り切れるほどの人気です。

武者小路実篤が絵を描くようになったのは
38歳、子供を持ったことがきっかけだそうです。
そして絵を描くときには必ず描くものを
目の前に置いていたとか。
描くために見つめることで
それまで消え浮かなかった
美しさや不思議さを発見することに
喜びを感じるからと。

書画には初期のころは「実篤」と署名。
本格的に書画を製作するようになってからは「實篤」
満八十歳になったのを機に、「実篤」に改め、
年齢も書いています。
署名により、いつ頃描かれたものなのか
分かるのも興味深いですね。

広大な実篤公園では
四季折々の花を楽しむことができます。
京王線の仙川駅またはつつじが丘駅から
徒歩10分程です。