お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」

世界糖尿病デー関連イベントの模様をコサイトさんでご紹介いただきました

2019年11月20日

先日当院で開催した『世界糖尿病デー関連イベント』の模様を、調布の子育て応援サイト「コサイト」さんで紹介していただきました。

※画像クリックでコサイトさんのサイトに移動します。

イベントの記事はこちら
https://cosite.jp/news/touzan201911

コサイトさんは調布市はもちろん、地域のあらゆる子育て情報を集約し、地域のつながりづくりを進めているサイトです。子育て世代が興味深く読める記事や、困ったときに役立つ子育て情報を掲載されています。
また、地域企業との連携を積極的に行うなど、ほかの地域には見られない魅力的なサイト構築・運営を目指しています。

昨年より当イベントの告知にもご協力をいただいており、今回は当日取材に来てくださいました。

フクジュソウ

2019年11月19日

日本では北海道から九州にかけての
山林内に自生するキンポウゲ科の多年草です。

花期は初春であり、
3~4cmの黄色い花が
茎頂(けいちょう)に1つつきます。

花の外側には紫褐色の萼片(がくへん)が数枚あり、
内側に光沢のある花弁が20枚以上あります。
日が当たると開き、夜は閉じます。

春を告げる花の代表であり、
旧暦の正月頃に咲き出すことから
「元日草(がんじつそう)」や
「朔日草(ついたちそう)」の
別名があります。

根茎を乾燥させた物は生薬名で
「福寿草根(ふくじゅそうこん)」とよばれ、
利尿・強心作用がありますが
強い毒性を有するため
漢方で使用されることはありません。

地面から出てきたばかりの頃に、
フキノトウと間違えられて
誤食されることがあります。

(写真・文 山田隆医師)

ブルーサークルイベントまであと1日!

2019年11月16日

子どもも大人も楽しんで学べる様子を
想像しながら
着々と準備は進んでおります。

予約なしで参加いただけるものもございます。
お時間がある方は
秋晴れの下、お散歩がてらに
いかがでしょうか。

イベントの詳細はこちらをご覧ください。

心よりお待ちしております!

感染対策勉強会

2019年11月15日

病院では、法定で定められている研修が
いくつかあり、全職員が受講しています。

先日、そのうちの1つ、
「感染対策勉強会」が今年も行われました。
今回は、医療関係者に対するワクチン接種、
風疹、麻疹といった感染症について
学びました。

年代によって、受けた予防接種の回数が違ったり、
2回予防接種を受けていても
抗体価の基準に満たない場合があるなど
医療関係者はもちろん、
一般的にも知っておきたいことを
改めて知る機会となりました。

感染症をうつさない、
うつされないために、
自身の抗体を確認しておくことが
大切です。

映画「閉鎖病棟―それぞれの朝―」

2019年11月11日

11月より、日本医師会が後援している映画、
「閉鎖病棟-それぞれの朝-」
が全国公開されています。

本映画は、日本医師会が実施していた
「日本医療小説大賞」を受賞した
精神科医の帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)氏の
同小説を映画化したもので、
長野県のとある精神科病院を舞台に、
それぞれ過去を背負った患者たちの
人間ドラマを描いた作品となっています。

キャストは、笑福亭鶴瓶さん、
綾野剛さん、小松菜奈さん他。
一部の劇場では、
日本語字幕上映をしているようです。

是非、ご覧ください。

https://www.heisabyoto.com/index.html
(「閉鎖病棟」公式ホームページ)

https://www.shinchosha.co.jp/book/128807/
(「閉鎖病棟」新潮社ホームページ)

週刊文春にユマニチュード

2019年10月31日

先日、第1回学会も開かれ、
広がりを見せているユマニチュード。

その学会の理事でもある
阿川佐和子さん。

週刊文春の「阿川佐和子のこの人に会いたい」
というコーナーに、
「広がる介護ケア ユマニチュード」として
座談会の様子が掲載されました。

この座談会には、
当院ユマニチュード推進室科長の
看護師も参加しています。

週刊文春 11月7日号

ぜひお手にとってご一読ください。

第97回 生活習慣病教室「白血病を知る」開催しました

2019年10月29日

10月26日の午後、
97回目となる生活習慣病教室を開催しました。

今回は、当院院長の須永眞司医師が
「白血病を知る〜白血病は治る病気ですか?〜」と
題して講演いたしました。

血液のこと、白血病、その種類、検査、治療、
そして、命をつなぐ骨髄バンクや
臍帯血バンクの話がありました。

[参考]
公益財団法人 日本骨髄バンク
日本赤十字社 関東甲信越さい帯血バンク
※日本赤十字社 北海道近畿九州さい帯血バンク、
 一般社団法人 中部さい帯血バンク
 特定非営利活動法人 兵庫さい帯血バンクもあります

たくさんの方にお越しいただき、
「勉強になった」との声をいただきました。

司会の吉田名誉院長とともに

次回は来年2020年5月ごろ、
「認知症」をテーマに開催予定です。
ぜひご参加ください。

医療安全月間

2019年10月15日

当会では10月の1ヶ月間、
医療安全月間として、
各部門で目標を掲げて
医療安全につとめています。

大きなテーマとしては
「確認」

各部門でどんな時の何を確認し、
どう気をつけるか
意識するためにポスターも
作成しています。

透析センター

経営本部はいろいろな部門の集まりのため、それぞれで「確認」

安全のための取り組みは
欠かせません。

2019年 ピンクリボンキャンペーン in 調布

2019年10月10日

10月は乳がんの正しい知識や
早期発見・早期診断・早期治療の
大切さを伝えるための
「乳がん早期発見強化月間」です。

10月9日、調布駅前で
キャンペーンが行われるとのことで、
調布市さんに混ざって
当院のドック・健診センター職員
参加しました。

乳がん検診を呼びかけます

お借りしたジャンパーで気合十分

できるだけ多くの方に
関心を持っていただくべく、
配布終わるまでは帰れません。

立ち止まってくれる方も

調布市さんが用意していた検診手袋

平日に検診を受けるのが難しい方は、
ジャパン・マンモグラフィー・サンデー
として、毎年10月第3日曜日に
乳がん検診が受けられる
取り組みがあります。

当院でも10月20日(日)に
受けられます。(要予約)

早期に発見できれば
治る可能性も高くなります。
身近な人と
話してみませんか。

写真部活動~初秋

2019年10月9日

夏のような日差しが降り注いだ翌日、
一転して10月らしい肌寒さで
目覚めた休日の朝に、
写真部で皇居東御苑を訪れました。

手荷物検査を受けて門をくぐると、
年に二度開花する
十月桜が出迎えてくれました。

薄空に映える赤い実、
静かな水辺に咲く黄色いアサザ、
また果樹古品種園では
いくつかの実が育っていました。

せっかく東京駅近くまで
来たからということで
今話題のスポットへ。
日本が3勝して日本中が沸いている
ラグビーワールドカップ2019、
安全に終了しますようにと
願いを込めて丸の内へ。

続いて、秩父宮ラグビー場そばにある
オリンピックスクエアへ。
途中、降りだした雨も、
スポーツで盛り上がっているうちに
上がっていました。