先日、リハDrが「プリンセチア」(ピンクのポインセチア)を 頂いてきました。     リハビリ室は窓が大きいので、 日がよく当たり植物たちもよく育ちます。 職場の潤いになるし、患者さんたちにも 喜んでもらっています。     写真手前の観葉植物「パキラ」は 4月にリハビリ室にやってきたのですが、 ずいぶん大きくなりました。   これからクリスマスシーズン、 プリンセチアもいい話題作りになります。     ところが・・・!     プリンセチアは頂いたときは綺麗なピンク色を していたのですが、徐々に色が褪せて緑色になり、 てっぺんにあった花芽もしわしわになって 落ちてしまいました。     あわてて調べたら、ポインセチアは短日植物といって、 昼の時間が12時間以下にならないと 赤くならないんだそうです。   人工の光でも当たると短日にならないので 覆いが必要になります。     そこで。     用度課に協力してもらい段ボールで遮光、 暖房で乾燥するので1日2回霧吹きで葉水を することにしました。   夜間は暖房を切って冷えますから、 段ボールは防寒にもなります。     いまさら遅いかもしれないんですが・・・ 最近葉の間から新芽が出てきました。       クリスマスにはピンクの葉が増えていますように。