お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」

シェイクアウト訓練2019

2019年2月7日

シェイクアウト訓練とは、
2008年にアメリカの
カリフォルニア州で始まった、
大勢が一斉に参加する防災訓練です。

参加者が同じ日時に
それぞれの場所でできる訓練で、
地震の揺れを感じた時の
基本行動

1.DROP!(まず低く!)
 しゃがんで姿勢を低くする。
 屋外の場合は、落下物の危険の
 少ない場所でうずくまる。
2.COVER!(頭を守り!)
 机やテーブルの下に潜り込んで
 頭を守る。
 屋外の場合は、カバンなどで頭を守る。
3.HOLD ON!(動かない!)
 じっと動かず揺れが収まるのを待つ。

で、身の安全を守ります。

調布市でも、第一に
我が身を守る行動を身につけること、
市内で一斉に、一体となって
取り組むことにより
防災・減災意識の高揚を
図ることを目的に行っています。

今年は2月7日9時30分に
調布エフエム放送さんやJ:COMさんの
放送にあわせて
「東京都多摩地域を震源とする
 大規模な地震が発生」
(想定最大震度6強、マグニチュード7.3)

という想定で行いました。

調布東山病院事務部でも
「身を低くし、机の下にもぐって
 頭を守り、そのまま動かない」
訓練と備蓄品の確認をしました。

机の下に入る!

入りきれず・・・

備蓄品確認!

机の下に全身すっぽり入った職員、
荷物が多かったり狭かったりして
頭しか入らなかった職員もいましたが
まずは頭を守りました。

この訓練は、参加場所や対象も問わず、
2分ほどでできます。

実際に地震が発生した時に
落ち着いて、適切かつ迅速に行動できるように
日頃の訓練が欠かせません。

共同通信社のユマニチュード記事掲載

2019年1月29日

昨年11月に共同通信社の取材を受けた
ユマニチュードの記事が
12月から1月にかけて、各紙で掲載されました。

掲載記事

掲載されたのは
12月20日 東奥日報、山陰中央新報
12月22日 岩手日報
12月26日 山梨日日新聞
1月10日  高知新聞

当院看護師によるケアの様子やコメント、
この技法を人工知能(AI)で
普及させようとしている企業の話も
紹介されました。

第2回事務部総会

2019年1月28日

東山会で毎年行っている職員総会のほかに、
各部門でもそれぞれ独自に総会を開いています。

先日、事務部で2回目となる
総会を開催しました。
昨年は参加していなかった
経営企画部も加わり、
盛りだくさんの発表と
なりました。

今年の司会担当。
タイムキーパーも果たします。

今回の発表は、
1.在宅・健診事務局
   立ち上げ目標について
    ~これまでの日本一と
       これからの日本一~
2.経営企画部の紹介
3.病院の維持管理について
   ~この病院を100年
       使い続けるために~
4.事務課長としての取り組み
   ~スタッフが働きやすい環境づくり~
5.お互いに 補い高め 一枚岩
6.桜ヶ丘東山クリニック・
   喜多見東山クリニックの業務について
7.事務部門 方針
   ~何を継承し 何を変えていくか~

発表の様子

気づきや感想

病院の事務も幅広く、
お互いの取り組みを知らないことも多いため、
今後の方針を含めて
知ることができる貴重な機会となりました。

医療スタッフはもちろん、
事務職員もしっかりと病院を支え、
引っ張って、成長していきます。

終了後は懇親会へ。
感想や一年のねぎらい、
そしてこれから。
感謝と希望が広がりました。

記念撮影

個人情報勉強会

2019年1月25日

医療施設では、全職員が
学ばなければいけないと
法定で定められている
勉強会がいくつかあります。

先日、そのうちの1つ、
「個人情報勉強会」
を開催いたしました。

今回のテーマは“SNS利用のリスクについて”。

今は、老若男女問わず、多くの方が
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を
利用されています。
良い宣伝になったり、
同じ趣味を持つ人と繋がったり、
学生時代の同級生と再会するきっかけになったり…
と良いこともあるのですが、
一方で、いわゆる“炎上”と言われる
批判や攻撃的なコメントが
殺到するリスクもあります。

今回、そういった現状、背景を知り、
個人個人がどのように気を付けるべきなのか
SNS利用の際の設定はどうすれば良いのか等、
しっかり学ぶとともに
日頃の言動に気を配る必要性を
改めて感じました。

第15回調布医療連携カンファレンス

2019年1月24日

1月22日(火)夜、
地域の先生方をお招きして
「調布医療連携カンファレンス」
を開催いたしました。

この会は様々なテーマのもと、
実地に即した勉強会として
年2回のペースで開催しております。

第15回目の今回は、
当院の須永眞司院長より
「血液・尿検査によるがん検診
  ~どこまでがんに迫れるのか~」
をテーマに講演いたしました。

腫瘍マーカーの効果と限界、
これからのがん検診についてなどを
お話しし、質疑応答となりました。

貴重なご意見もいただき、
知識・意識を交換して、
地域全体の医療レベル向上をはかるという
今回の目的の一つも
達成できたのではないでしょうか。

ドック・健診センター
貝瀬医師からもお話ししました

次回は7月23日(火)19:30~
遠藤順治医師による、
「成人食物アレルギーについて(仮)」
を予定しております。

多くの皆さまのご参加を
お待ちしております。

小川理事長のお誕生日

2019年1月23日

小川聡子理事長のお誕生日に
お祝いの写真を撮りました!

おめでとうございます♪

パネルには
#医療法人社団 東山会 #調布東山病院

東京都女性活躍推進大賞 受賞!

2019年1月16日

東京都女性活躍推進大賞
医療福祉分野で、
東山会が大賞を受賞しました!

この東京都女性活躍推進大賞は、
 全ての女性が意欲と能力に応じて、
 多様な生き方が選択できる社会の実現に向けて、
 女性の活躍推進に取り組む企業や団体及び個人
に贈呈されています。

そして本日1月16日、
都庁で贈呈式が行われました。
都知事から祝辞、
審査会委員長から講評をいただき、
ほかの受賞された方たちの取り組みも
興味深く拝聴しました。

東山会が紹介されます

小池都知事と小川理事長

取り組みをパネルにしてくださいました

受賞者全員で

東山会、全員主役で受賞できたこの賞。
今後の励みになります。

1月10日(木)生放送「クローズアップ現代+」

2019年1月9日

明日、ユマニチュードの特集がNHKで放送されます。

1月10日(木)22:00~22:25
NHK クローズアップ現代+

番組ホームページ
「認知症時代に希望!“科学的介護”最前線」

より良い介護の普及・浸透をめざし、
認知症の方に対する
「優しい介護(ユマニチュードの実践)」の
科学的実証と有効性検証に取り組む
研究チームの活動の進捗と展望について
密着取材とスタジオ解説で伝えます。

ぜひご覧ください。

年始立礼

2019年1月5日

平成最後の年が明けました。

毎年、外来診療開始日のお昼に
職員が一堂に会し、年始立礼をしております。
理事長や院長が挨拶をし、
良い1年になりますよう
願いをこめて乾杯をしています。

理事長から、今年の漢字が発表されるのですが、
2019年は「根」です。

理事長ご挨拶

しっかりと組織に、地域に根付かせるための
大事な1年にしたいという思いをこめた
今年の一文字です。

院長からもご挨拶

突然のご指名、吉田名誉院長

乾杯!

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

医療安全勉強会

2018年12月29日

医療機関では、全職員が必ず年に2回、
医療安全に関する勉強会に参加することが
義務付けられています。

先日、2018年度後期の
医療安全勉強会を行いました。
今回のテーマは
「コンフリクトマネジメント」です。

医療安全推進室室長・科長

コンフリクトマネジメントとは。

医療に限らず
どのような会社、どのような組織でも必ず存在する
意見の対立や衝突への対応です。

患者さんからミスを指摘されたとき
患者さんが怒っているとき
どのように対応すれば良いでしょうか。

良い対応、悪い対応など、
事例を交えながら考え、学びました。

勉強会のオープニングでは
院長からひと言メッセージがあるのですが、
今回は不在のため、初の試みとして
ビデオメッセージを流しました。

院長よりビデオメッセージ

職員の脳にスイッチが入ったようです。