お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」

新入職医師紹介 山本崇人医師(呼吸器内科)

2019年12月6日

12月に入職された医師の自己紹介です。

山本崇人医師

「最期のご飯は何がイイか」
そんな話をすることあります。

同じように人生の
最期を誰と何処で
どうやって過ごしたいか、
人それぞれだと思います。

大学病院で呼吸器内科に携わり、
治らない疾患が多く沢山の人を
看取ってきました。
多くの患者さんが望むのは
痛くないこと、
苦しく無いこと。
その思いに応えたく
緩和医療チームに
参加していました。
活動の中で違和感も
感じていました。

その当時は緩和医療チームが
介入するのがすでにだいぶ
進行している時期で、
この残された時間が少ない
タイミングでノコノコ
緩和医療オーラを
振りかざして介入することは、
果たして患者さんの
ためになっているのだろうか、
死に神のように
思われてはいない
だろうかと考えていました。
そしていよいよ
お別れが近くなると、
多くの方が自宅に
帰りたいと願います。
しかし万全な体勢で
退院支援をしますが、
「自宅に戻ったはいいが困っている」、
「こんなはずじゃなかった」と
よく聞きました。

在宅医療現場を知りたいと思ったのと、
自宅に戻ってからも
安心して生活できる
お手伝いが出来ないかと、
二年半前に訪問診療医となりました。
自宅へ伺うと病室とは違い
非常にゆっくりとした
時間が流れます。
しかし癌患者さんや
高齢の方が多く、
残された時間はさほど
多くありません。
誰と何処でどうやって
過ごしたいか、
今一番したい事は何か、
そんな想いを大切に
訪問診療をしていました。

今後おそらく内科分野ではAIが
発達していくと予想され、
画像診断はすでにAIが
勝り始めています。
ビッグデーターを元に
個別化治療が進み、
治療はAIが担う時代が
来ると思います。
しかしAIは個別の価値観を
治療に落とし込むのがまだ
苦手のようです。
本人・家族の想いや価値観と
治療方針や療養方針とを
調整し支援していくのが
医療チームの役割と
考えています。

自分は趣味でランニングを
少々やっています。
決して速くはないのですが、
最後尾で走り、
制限時間ギリギリのランナーを
応援するのが好きです。
6時間近く一緒に走っていると、
ゴール近くなると微妙な
一体感が生まれます。
この微妙な一体感こそが
家族を含めたチーム医療に
大事と考えています。
ウルトラマラソン
(60〜100kmぐらい)の
サポートボランティアも
やっているのですが、
トップ選手・中盤・
最後尾ではサポートの
方法も変わります。
地域医療も同じように
人・家族・生活環境・地域、
価値観等によって支援方法も
変わってくると思います。

地域の方々が安心して
住み慣れたエリアで自分らしく
暮らしていけるよう
力になりたいと
思っています。
よろしくお願いいたします。

因みに自分が最期に食べたいのは
「カツ丼」です。

クリスマス準備完了です

2019年12月4日

12月に入り、クリスマスまであと少しですね。
昨日、院内ではクリスマスに向けて
ツリーが飾られました。

正面玄関

ドック・健診センター入口

5階病棟

6階病棟

大きなツリーの他にも、院内には
小さなクリスマスも訪れています。

是非、探してみてください。

世界糖尿病デー関連イベント報告⑤運動教室

2019年12月2日

今回は、運動教室の模様です。

糖尿病予防には、早くから運動の習慣を
つけることが推奨されています。

当イベントでは親子で運動を始めるきっかけに
していただきたく、子供と大人のペアを対象に
2種目を実施しました。

「ズンバゴールド」と「ヨガ」です。

ズンバゴールドはラテン系のリズムに合わせた
運動ですが、それほど激しくはないので、
楽しみながら体を動かせます。

ただ最初はゆっくりですが、徐々にペースアップ
していき、最後はみんな汗だく。

最後はクールダウンして終了です。

終わるとなにやら手首にテープが。

これはラリーに関係しています。

2つ目は「ヨガ」です。

毎回インストラクターは当院職員(有資格者)が
務めています。

ヨガも大人と子供のペアで参加です。

途中でまたこんな人が。

運動は今後もぜひ続けてくださいね。

次回は1階で行ったおやつ作りや
茶の湯体験などをご紹介します。

ドック・健診センター 接遇大賞受賞!

2019年12月2日

接遇マナーの優れた病院・介護施設を
表彰する「日総研 接遇大賞」。
第5回となる2019年度は5法人が受賞し、
その中で当院のドック・健診センターも受賞いたしました。

「受賞しました!」
とあるプレゼン中に発表!

取り組みの紹介、総評はこちら

この受賞を糧に、
これからも快適に、スムーズに
健診を受けられるよう
取り組んでまいります。

調布市福祉まつり

2019年11月30日

キリッとした冷たい空気と青空の下、
調布市福祉まつりが開催されています。

福祉施設や団体、各県などが
お店を出していたり、

福祉車両が展示されていたり、

パラリンピックの正式種目でもある
「ボッチャ」を体験できるコーナーもあります。

久しぶりにきたみんも参加しています。
調布東山病院とも縁のある
徳島県のキャラクターすだちくんと一緒に。

また、明日12月1日には総合福祉センターで
当院の職員も参加して、
「人生会議(アドバンス・ケア・プランニング)」についての
ブースを開きます。

今日、明日と調布駅前や総合福祉センター、
グリーンホール、たづくりで開催されます。
お時間ある方はちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか。

2019世界糖尿病デー関連イベント報告④内視鏡体験

2019年11月29日

今回は医療職体験、内視鏡検査のご紹介です。

ここでは検査用の“防護着”を着用します。

当然大人用しかないので大きい

消化器内科医が作成した資料で説明を受け、
人体模型の中をのぞきます。

もちろんスコープも本物です(訓練用)。

操作する部分はこんな感じ

先端の光で体内を照らします

画面を見ながら慎重に進めます・・・

とても真剣

最後に医師から『修了証明書』をもらって
今回の体験は終了です。

次回は運動教室の模様をご紹介します。

2019世界糖尿病デー関連イベント報告③看護師体験

2019年11月27日

今回は、看護師体験の模様です。

看護師の説明を聞いて、実際に
点滴セットを作ってみます。

針を刺すのが案外難しい

本物の注射器と訓練用の皮膚の模型を使い、
模擬採血にも挑戦。

注射器に吸ってみます

今回は保護者の方と一緒に、
車椅子に乗ったり、押してみる
体験もしました。

慣れないとなかなか難しかったりします。

次回は内視鏡体験の模様をご紹介します。

第11回 医療・介護勉強会開催しました

2019年11月26日

地域の医療職・介護職の方々とともに、
地域包括ケアシステムの実現を目指して
開催している医療・介護勉強会。

11回目となる11月22日の勉強会は、
「認知症」がテーマでした。

まずは当院の認知症看護認定看護師が
「認知症と生きる人の支えになろう
 ー言葉にならない心の声を聴こうー」と
題して講演を行いました。

認知症者の割合は、2025年には700万人、
高齢者のうち5人に1人と推計されています。(総務省)

認知症の危険因子として、
高血圧や糖尿病、肥満、
喫煙、うつ病などが挙げられ、
それらを予防する
生活習慣も紹介されました。
(食・運動・対人・知的行動・睡眠)

そして、中核症状と周辺症状、
治療薬、経過についても
グラフや表とともに説明され、
コミュニケーションの援助の
ポイントも知ることができました。

「認知症を持つ人」に対して
“認知症”の部分ばかりでなく、
“人”の部分に着目して
支え、応援していきましょうと
呼びかけました。

講演後は、
「抵抗・拒否が強い利用者の訪問入浴介護」
「夜間外出し、家に戻れないことがある、
  利用者様を地域で支える事例」
の事例発表があり、
それらを受けてグループワークへと移りました。

事例発表その1

事例発表その2

毎年、地域見守り訓練も行われていますが、
“地域で見守る”とは具体的にどういうことなのか、
講演や事例を聞いて、グループ内で話し合い、
イメージができたという声も聞かれました。

グループワークの様子

顔を合わせて地域の医療・介護職が
話をする、有意義な時間となりました。

2019世界糖尿病デー関連イベント報告②医師〔外科〕体験

2019年11月25日

今回は、医療職体験の医師〔外科〕の
ご紹介です。

まず手術室の前で、外科医の説明を聞きます。

この後本格的な『手洗い』をして手術室へ。

そこには本物の手術器具や手術台が。

手術器具の説明

手術台はリモコンで動きます

熱で肉を焼き切る器具の説明を聞いた後、
実際に切ってみます。

※切っているのは豚肉です

続いては術着に着替え、隣の手術室で
メスでの切開と縫合に挑戦します。

看護師が一人ずつサポート

術着も手袋も、全て本物なのでぶかぶかです。

※切っているのは鶏肉です

縫合しています

大人も興味津々

次回は看護師体験の模様をご紹介します。

2019世界糖尿病デー関連イベント報告①医師〔内科〕体験

2019年11月22日

去る11月17日(日)の午後、
「世界糖尿病デー」(11/14)にちなんだイベントを
調布東山病院で実施しました。

今年で3回目となりましたが、今回も多くの方に
ご参加いただき、盛況のうちに終了しました。
あらためて御礼を申し上げます。

今回から何回かに分けて、イベントの模様を
紹介させていただきます。

今回実施したのは、以下の内容です。
○医療職体験
(医師〔内科/外科〕、看護師、内視鏡体験)
○運動教室(ズンバゴールド/ヨガ)
○低糖質おやつ作り教室
○謎解きクイズラリー
○衣装コーナー
○展示・体験コーナー
○健康相談カフェ

イベントはこんな格好の人の話で始まりました。

Dr.くまがい

今回の目玉『謎解きクイズラリー』に関係が・・・。
その模様はあらためてご紹介します。

最初は医療職体験の医師〔内科〕です。

まずは診察です。
患者さま役は外来科長が熱演してくれました。

人体模型に聴診器を当てて音を聞きます

こちらは初登場の放射線科コーナー。

胃のバリウム検査の機械にスタッフが乗っていて、
レバー操作で実際に動かしてみます。

レントゲンで箱の中身を当てるゲームも

中にはタイ(本物)が入ってました

検査のコーナーでは、超音波で体内を見ています。

これは心臓?

こちらは頸部(首)です

次回は医師(外科)の模様をご紹介します。