お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ「東山だより」

ちょうふ地域見守り訓練

2018年12月12日

今年で3回目となる
ちょうふ地域見守り訓練。
当院も実行委員会の一員として参加しました。

この訓練は、街の中で困っている
認知症や高齢の方などを見かけたとき、
どのように声をかけたらよいかを
実践しながら学ぶ場です。

今回は多摩川小学校にて開催

認知症について学びます

声掛けの良い例、悪い例を寸劇で

認知症役の方を見つけたら一緒に戻ります

振り返りを共有します

地域の方々のご協力もいただき、
たくさんの方がご参加くださいました。

少し顔を知っているだけでも
声をかけやすくなります。
実際に声をかけるのは簡単ではないからこそ
この訓練が今後に生かせたらと思います。

つなぐカフェ開催しました!

2018年12月1日

12月1日、つなぐカフェを開催しました。

今回は12月に入ってからの開催ということで、
クリスマス仕様に飾りつけ、
お迎えしました。

この時季にしては暖かく、そして晴れたこの日は
オープンの9時半から
たくさんの方がいらっしゃいました。

つなぐカフェの日としては念願の晴れ!

ミニ講演のテーマは
1.身近にひそむ糖尿病の落とし穴!?
  (糖尿病看護認定看護師)
2.リハビリ科から簡単な体操をご紹介
3.認知症ケアについて
  (ユマニチュード®認定インストラクター・看護師)

飲み物表示のことなど、ためになるお話がたくさん

一緒に体を動かしました

皆さんの関心も高い認知症ケア

お茶やコーヒーとお菓子とともに
健康のことについて
お話ししたり、
ちょっと勉強したりと、
有意義な時間になったでしょうか。

次回のつなぐカフェへもぜひ足をお運びください。
お待ちしております。

「ACPについて知ろう」講師を務めました

2018年11月29日

調布市地域包括支援センターでは
地域包括ケアシステム構築を目指して、
課題の分析や共有、解決の場を提供されています。

11月28日、「ACPについて知ろう」
というテーマの講師として
当院の看護師を呼んでいただきました。

ACPの場面を演じたドラマ、
そして替え歌「恋する意思決定支援」の歌を
流したりしながらの講演となりました。

院内でも少しずつ広げようと
取り組んでいるACP。
これからも、知る機会、知っていただく機会、
考える機会をもてたらと思います。

共同通信社から「ユマニチュード」の取材を受けました

2018年11月28日

2018年11月27日、共同通信社さまより、
認知症ケアメソッド「ユマニチュード」の
取材を受けました。
記事内容は12月中旬に
全国の新聞社等に配信される予定です。
配信された記事は
各新聞社の判断で掲載されます。

記事の内容は、ユマニチュードインストラクターの
安藤夏子(看護師)のケア風景とインタビュー。

この夏、新たにユマニチュードインストラクターになった
山田かおり(看護師)のインタビュー記事です。

掲載されましたら是非、ご覧下さい。

クリスマス準備

2018年11月19日

11月も半ばを過ぎ、
あちらこちらでクリスマスツリーや
イルミネーションを
見かけるようになりました。

当院も師走に向けて
ツリーの準備を始めました。
ボランティアさんのお力を借りて
大きなツリーの飾りつけをしています。

まもなく当院もクリスマス仕様になります。

患者さまをはじめ
当院をご利用してくださる方々が
笑顔になりますよう祈りをこめて。

感染対策勉強会

2018年11月13日

病院では、法定で定められている研修が
いくつかあり、全職員が受講しています。

先日、そのうちの1つ、
「感染対策勉強会」が今年も行われました。

今回のテーマは「インフルエンザ」。
◆インフルエンザの種類(A型、B型、C型の三種類)
◆新型インフルエンザと通常のインフルエンザの違い
◆当院の新型インフルエンザの対応
など。

これからインフルエンザにかかる方が増えてきます。
正しい知識と理解、十分な準備をし、
急激にインフルエンザの患者さまが増えても
冷静に対応できるよう備えています。

喜多見東山クリニック 患者様勉強会

2018年11月12日

11月10日、喜多見東山クリニックで
患者様勉強会を行いました。

きたみんがお出迎え

まず医師から「フレイル予防で健康長寿」
管理栄養士から「フレイル予防の食事について」と
題してお話しいたしました。

フレイルとは、健康な状態から要介護状態になる
中間段階で、最近よく耳にするようにもなりました。

指で輪っかを作ってふくらはぎを囲い、
“囲めない” “ぴったり囲める” “すきまがある”で
簡単にチェックする「指輪っかテスト」を
皆さんでやったり、
お粥やジュースの試食も行いました。

続いて、看護師より
インフルエンザと風邪の違いなど
感染症についてお話しいたしました。

一緒に健康長寿を目指していけたらと思います。

平成30年 火災予防業務協力者 表彰式

2018年11月9日

秋の火災予防運動が始まりました(11月9日~15日)。
それにあわせて9日に、調布市グリーンホールにて
火災予防業務協力者表彰式がありました。

このたび、当院の地域連携室が
「救急業務協力者」として表彰されることになり、
式にも参加いたしました。

「調布救急医療検討会」など、
調布消防署の方たちと地域の医療機関で協力し
今後も顔が見える連携を作っていきたいと思います。

ちょうふブルーサークル運動

2018年11月8日

11月14日は2006年に国連で認定された
“世界糖尿病デー”です。

この日の前後、世界160か国以上で
糖尿病の予防や治療の啓発活動が行われます。

調布地域でも、昨年から
「ちょうふブルーサークル運動」
として活動を行っています。

本日、調布経済新聞さんのサイト
ご紹介いただきました。

いよいよ来週、11月12日(月)から
市内の施設でライトアップが始まります。
(以下は昨年当院で実施した時の様子です)

お楽しみに!

災害訓練

2018年11月2日

10月28日(日)、調布東山病院で
災害訓練を行いました。

「水曜日の午前8時45分に
 震度6弱の地震が発生」
という設定で訓練が始まりました。

被災者のトリアージを行い、
診療を行います。

エレベーターも使えないため、
階段で搬送します。
搬送訓練が生かされたでしょうか。

対策本部にも続々と
情報が集まります。

今までは職員が階段を駆け上って
伝えに来ていた情報も、
今回の訓練では、
各部門でそれぞれが状況を入力し、
本部で見えるようにしました。

停電した透析室でも、
患者さまの安全を守ります。

一日に2回の訓練を終え、
閉会となりました。

そして、反省会へと続きます。

いざという時に備え、訓練を重ね、
地域の力となるよう準備してまいります。