感染対策

医療関連感染は、入院・外来・在宅などの医療サービスを受ける場で、微生物を保有するヒトや物、環境といった感染源に曝露することにより発生する感染症であり、患者のみならず医療従事者や医療サービスに関わるあらゆる人に起こり得るものです。このことを念頭に当院では「標準予防策:スタンダードプリコーション」の観点に基づいた感染予防対策を行い、より確実なものとするために状況により感染経路別予防策も併せて実施しています。

感染対策委員会

感染対策に関する院内全体の問題点を把握し、改善策を講じるなど、院内感染対策活動の中枢的な役割を担い、組織横断的な活動を実践しています。

委員の構成

  • 委員長(感染管理担当医師)
  • 調布東山病院院長、各診療科・各部門の代表者

下部組織として感染対策チーム(ICT: Infection Control Team)を設置し、院内感染対策活動を実践しています。

ICT活動内容

1. 院内感染症のサーベイランスと評価

院内感染症の発生状況、院内検出病原体、抗菌薬使用状況、手指衛生指数、感染症に関する法令等についての情報を共有・協議する。

2. 院内ラウンド(週1回)

「改善」を目的に定期的に院内巡視を行い、感染予防対策の遵守状況を監視、指導する。

3. 感染管理教育(年2回)

全職員を対象に感染管理教育研修を行う。チーム内外研修で習得した基礎知識を基に、感染予防対策の啓蒙活動を行う。

4. 感染対策マニュアルの改訂

感染症法やCDCガイドラインに基づきマニュアルを改訂する。

5. 地域医療施設との連携(年4回)

感染防止対策加算Ⅱ施設として、地域医療施設との感染に関する合同カンファレンスに参加する。

6. 職業感染防止対策の実施

針刺し・切創、皮膚粘膜曝露防止対策、インフルエンザ等のワクチン接種についての啓発活動を行う。

メニュー

お問合せ

お問い合わせ電話番号一覧9:00~16:30 日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない・
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・お問い合わせ 042-481-5515
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511
閉じる