お問い合わせ電話番号一覧

9:00~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
訪問リハビリテーション事業所 042-481-5586
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

病院ブログ ブログのカテゴリ: 00.東山会

第98回とうざん生活習慣病教室「新型コロナウイルス感染症~現在までとこれから~」

2021年9月7日

とうざん生活習慣病教室の前身である
成人病教室を始めたのが1998年4月、
現名誉院長の吉田医師が着任して数ヵ月後のことです。

「慢性疾患の患者教育は
診察室で一人ひとりに行うより、
集団で行ったほうが良いのでは」
ということでスタートから2年ほどの間、
糖尿病教育の勉強会として開催していました。

その後、他の成人病も取り上げてほしいという
患者さまからのご要望により、
現在のような形になっています。

これまで取り上げたテーマは、
高血圧、心臓疾患、脳血管障害などの糖尿病関連疾患の他、
消化器系やがん、腰痛、睡眠など、多岐にわたります。
話題の病や薬を盛り込むなど、
アップトゥデートな話題も随時取り入れる意欲的な編成を心がけております。

当初は糖尿病の患者教育の一環として始めた教室でしたが、
現在は地域の皆さまの健康教育の場として好評をいただいています。

98回目は院長の須永眞司医師が
「新型コロナウイルス感染症~現在までとこれから」と題し、
お話しいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大予防のため延期をしておりましたが、
今回はオンラインで開催いたします。
10月16日(土)14時から11月15日(月)まで配信予定です。
(YouTubeの“医療法人東山会チャンネル”で配信)

なお、9月30日(木)まで、
コロナに関する疑問や聞きたいことを募集
しています。
ご質問がある方は【こちらのフォーム】からお送りください。
講演のなかで、可能な限りお答えしたいと思います。


(クリックで拡大)

あらためて、マスクの着用を

2021年8月7日

新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらず、
不安を抱えていらっしゃる方も多いと思います。

暑さも相まって、マスク着用がつらいこともありますが、
感染しない・させないためにも、無理のない範囲で
引き続きマスク着用を心がけていただけたらと思います。

冷感マスクをはじめ、いろいろな種類のマスクを目にします。
やはり効果が高いのが不織布のようです。
ウレタンや布マスクは、通気性は良いのですが、
飛沫対策としての効果は低いという実験結果が出ています。

マスクの種類別効果
クリックでPDFが開きます

つける時は鼻の形に合わせ、あご下までしっかり覆います。
顔とマスクの間に隙間を作らないのがポイントです。
外す時は表面を触らないよう、ひも部分を持ちます。
水分をとる時も“あごマスク”にせず、
ひもを持って外すように注意してみてください。

また、マスクだけでなく、手洗い・うがい、
換気、人と人との距離や接する時間も
あわせて対策をとることが重要です。

熱中症にも気をつけなければならないですし、
コロナ禍も長引き、気を張る日々が続きますが
また自由に人と話したり、
出かけたりできるような日々に戻れるよう
1日でも早い終息を目指していきましょう。

ナイス0(ゼロ)!

2021年5月26日

医療機関では、医療安全を確保するためのシステム改善や、
教育の資料とするために、
「インシデントレポート」
を提出しています。

院内における医療事故に限らず、
危うく事故になりかけた事例も含め、
職種に関わらず、
レポートという形で速やかに登録しています。

その目的は、
◆事例等を検討し、医療の改善に資する事故予防策、再発防止策を策定すること
◆対策の実施状況や効果の評価・点検等にしうる情報を院内全体から収集すること
です。

レポートのレベルはエラーの状況や中身により0~5まであります。
なかでも、レベル0(ゼロ)は、
「エラーや不具合がみられたが、実施されなかった」
というものです。

実施前にエラーに気づいたという点で
多く提出した、またその中身を検証し、
“ナイス0(ゼロ)!”と命名、
部署や個人に対して年に一度表彰しています。

 

 

安全な医療、安心していただける医療を提供し続けるために
私たちは「レベル0(ゼロ)」を大切に活用しています。

永年勤続表彰式

2021年4月23日

今年の永年勤続表彰式は、
新型コロナウイルス感染症対策はもちろんですが、
表彰対象者が多いため、二部制をとりました。

その数は、30年勤続が2名、20年が3名、
10年が17名、5年が29名、合計51名という初めての多さです。

院長も5年表彰です

名誉院長からもメッセージ

今の東山会があるのも、職員の長年の経験や
日々の行動の積み重ねがあってのこと。
その縁に感謝し、かけがえのない存在であることにも
改めて感謝するあたたかい時間となりました。

2021年度 入職式

2021年4月3日

4月1日、医師2名を含む15名の新入職員を迎えました。

開始を待つ間、緊張感が漂います…

理事長、院長からのご挨拶、
そして役職者からのご挨拶と進んでいきます。

コロナ禍で迎える2度目の春です。
医療機関で働くことの
いろいろな思いも抱えているかもしれません。
支え合ってそれぞれの場所で活躍することを期待しています。

患者さま向け広報誌「東山だより」12月号掲載

2020年12月4日

年3回発行の患者さま向け広報誌「東山だより」
最新号をホームページに掲載いたしました。

東山だより12月号
東山だより12月号

東山だより12月号別冊レシピ
東山だより12月号別冊レシピ

特集は「腹腔鏡手術」。
当院外科医師が、腹腔鏡手術のメリット・デメリット、
そして当院での対応などについて紹介しています。

また、今回はちょうふブルーサークル運動で募集しました
“野菜がたくさん食べられるレシピ”を別冊でまとめました。

冊子は院内で配布しております。
ご来院の際にお持ち帰りください。

感染防止対策のため、一度手に取られた冊子は
戻さずにお持ち帰りください。
いつもご協力ありがとうございます。
ご自身や周りの人のためにも
引き続きよろしくお願いいたします。

日本と世界の“世界糖尿病デー”イベント

2020年11月13日

明日11月14日は世界糖尿病デー。
ちょうふブルーサークル運動も佳境に入ってきました。
いよいよ明日、ご応募いただいたロゴ作品やレシピの賞発表です。

さて、この世界糖尿病デー、
日本各地、そして世界各地がどんな取り組みをしているかを
見ることができます。
ちょうふブルーサークル運動ももちろん入っています。

よろしければ少しのぞいてみてください。

日本各地のイベント:https://www.wddj.jp/event/

世界各地のイベント:https://worlddiabetesday.org/activities/

調布FM出演しました

2020年11月11日

11月10日、調布FMさんがちょうふブルーサークル運動の
取材に来てくださいました。

午後のカフェテラスという番組のコーナー
「街角レポート」です。
生放送という緊張感の中
当院の糖尿病・内分泌内科の熊谷医師と
当運動実行委員会の事務局担当の二人で
今年のブルーライトアップや取り組みを
お話しさせていただきました。

放送内容は、こちらからお聞きいただけます。

ありがとうございました〜

今年は、ブルーライトアップの施設が増えています。
目にする機会が増えたでしょうか。

糖尿病のこと、生活習慣病のことを
少し考える機会にしていただけたらと思います。

世界糖尿病デーに向けて2

2020年10月9日

新しいカタチで開催される
今年のちょうふブルーサークル運動。

職員にも知ってほしい参加してほしい!
ということで、
憩いの場である職員食堂でも普及活動始めました。

感染対策の衝立に・・・

昨年のトレジャーハンターが再登場

病院ツアーつきのエクササイズで体を動かしたら、
糖尿病のことを学んで
“ちょうふブルーサークル運動”の
ロゴを考えてみる。
そんな雨の日の過ごし方はいかがでしょうか。

たくさんのご応募お待ちしております!

東山会 YouTubeチャンネル始動!

2020年8月3日

関東も梅雨が明け、夏本番となってきました。
コロナ禍で、運動療法教室なども開催できない状況が続いています。

そこで、当院職員による簡単な体操などを配信することになりました。

第1回は、リハビリ科職員による
「座ってできる!肩と二の腕のストレッチ」です。
みなさん一緒に、ゆっくり、じっくり、動かしてみてください。

東山会 YouTubeチャンネル

撮影風景

これからも順次公開していきます。
当院ホームページのトップページにもリンクを貼っています。

カテゴリー

最近の記事

月別の記事

カレンダー

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930